「父さんイケメンすぎるだろ!」 アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」14話、目玉おやじの本当の姿が話題に

アニメ・マンガ

2018/7/7

 2018年7月1日(日)に、アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の第14話が放送された。鬼太郎のため大活躍する目玉おやじが、「父さんイケメンすぎるだろ!」「完全に目玉おやじに持ってかれたな」と話題になっている。

 今回鬼太郎のもとに舞い込んできたのは、夢から覚めない大人たちについての相談。鬼太郎は夢の世界に詳しい妖怪・まくら返しのもとを訪ね、ねこ娘や人間の少女・まなと一緒に夢の世界へ渡ることになる。

 夢の世界では想像したことがそのまま起こるのだが、ねこ娘は鬼太郎にプロポーズされる夢、まなは鬼太郎や妖怪たちと学校生活を送る夢にハマってしまう。真っ白いタキシード姿でねこ娘をお姫様抱っこする鬼太郎には、「ねこ娘やっぱり鬼太郎のこと好きだったのか!」「頭身高い鬼太郎違和感ありすぎてwww」「『無事でよかった! 結婚しよう!』ってどういうことだよ」と視聴者から爆笑の声が上がった。

 大人たちを夢の世界に閉じ込めていたのは、不思議な力を持った鈴を持つ少女。少女はかつて氾濫する川を鎮めるための生贄として死んだ子どもで、大人になれなかったことを恨んで大人たちを子どもの姿に変えていた。現実に疲れた大人たちもこの世界にいることを望み、夢の力を使って巨大ロボを召還。子どもっぽい夢を見たことが無い鬼太郎は、いつもの攻撃が効かない巨大ロボに苦戦してしまう。

 子どもの想像力に負けてしまった鬼太郎を見て、目玉おやじは自分がちゃんとした姿の父親でいられなかったことを悔やむ。鬼太郎のためにまくら返しの力を借りた目玉おやじは、本来の姿に変身した。鬼太郎によく似た銀髪姿の目玉おやじには、ファンから「カッコいいぞおやじさん!」「鬼太郎の父さんってこんなイケメンだったのか」「こんな目玉おやじ初めて見たけど最高に好き!」と驚きと歓喜の声が続出。目玉おやじは少女の鈴を破壊して、大人たちを夢の世界から解放する。

 子を想う父親の愛情が描かれた今回のエピソード。「母親ももしかして超美人?」といった声も上がっているが、今後登場することはあるのだろうか。

■アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」
放送日時:毎週日曜 9:00~
原作:水木しげる
キャラクターデザイン・総作画監督:清水空翔
公式サイト:http://www.toei-anim.co.jp/kitaro/