読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

水木しげる

職業・肩書き
マンガ家
ふりがな
みずき・しげる

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

1922年、大阪府生まれ。紙芝居・貸本漫画作家を経て、65年『週刊少年マガジン』で週刊誌デビュー。代表作の『ゲゲゲの鬼太郎』『悪魔くん』『河童の三平』の他、著書多数。2007年『のんのんばあとオレ』で仏アングレーム国際マンガフェスティバル最優秀コミック賞、09年『総員玉砕せよ!』で遺産賞受賞。10年には文化功労者に選ばれる。

「水木しげる」のおすすめ記事・レビュー

「最高のねこ娘回だった」 アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」第72話、恋するねこ娘の戦いに歓喜の声

「最高のねこ娘回だった」 アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」第72話、恋するねこ娘の戦いに歓喜の声

『ゲゲゲの鬼太郎 妖怪ファイル』(水木しげる/講談社)

 2019年9月8日(日)に放送された、アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」第72話。ねこ娘が“色ボケ”になってしまった鬼太郎に翻弄されるエピソードが、「ギャグ回かと思ったらいい話だった」「欲に負けないねこ姉さん強くてカッコいい!」と話題になっている。

 今回ゲゲゲの森に現れたのは、吐息で人を恋愛体質に変えてしまう妖怪・いやみ。いやみの息を吹きかけられた鬼太郎は、ねこ娘に「君は僕の愛の女神!」と積極的なアプローチを始めた。何も知らないねこ娘は、デートに誘われてすっかりご機嫌。おめかしして待ち合わせ場所へ向かう。

 しかし街に出たねこ娘が見たのは、誰彼かまわず口説きまくる鬼太郎の姿。ねこ娘が混乱していると、ねずみ男やまな、目玉おやじまでもいやみの吐息で色ボケになってしまう。異変に気づいた砂かけばばあがねこ娘の元へ駆けつけると、ねこ娘は鬼太郎の告白が本心ではなかったことに落ち込んでいる様子。そこで砂かけばばあは、自分がかつて恋をしていた時のことを語りだした。

 その話を聞いたねこ娘は、いやみを倒すことを決意。怒…

全文を読む

「傘の恨みでそこまでやるか!」 アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」71話、傘のために暴走する唐傘に爆笑の声続出

「傘の恨みでそこまでやるか!」 アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」71話、傘のために暴走する唐傘に爆笑の声続出

『ゲゲゲの鬼太郎 妖怪ファイル』(水木しげる/講談社)

 2019年9月1日(日)に、アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」第71話が放送された。古い傘の妖怪・唐傘が傘を思うあまり暴走する姿に、「傘の恨みでそこまでやるか!」「ある意味めちゃくちゃホラーwww」と爆笑の声が上がっている。

 唐傘は赤い傘に1つ目、1本足という姿をした妖怪。妖怪たちのアパート「爽快アパート」に住んでいる唐傘は、現代の人々が使う色とりどりのおしゃれな傘を羨ましく思っていた。ある雨の日、唐傘は傘が無くて困っているねずみ男を助けることに。ねずみ男は唐傘に、鬼太郎の霊毛ちゃんちゃんこがあれば好きな姿に変身できるという話をする。

「隙を見て盗んじまえよ」とそそのかすねずみ男に対し、「鬼太郎は俺の恩人だ!」と返す唐傘。霊毛ちゃんちゃんこにはあまり興味を示さないが、その後ある青年がコンビニで傘を取り違える現場を目撃してしまった。青年が持ってきたはずの傘を手にして、彼の後を追う唐傘。すると青年は、バス停のベンチに間違えた方の傘も置いて行ってしまう。

 傘を2本手にした唐傘は、バスを追跡して青年の家を特定…

全文を読む

山神の怖すぎる祟りに恐怖の声続出! 【アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」第70話】

山神の怖すぎる祟りに恐怖の声続出! 【アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」第70話】

『ゲゲゲの鬼太郎 妖怪ファイル』(水木しげる/講談社)

 2019年8月25日(日)に、アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」第70話が放送された。今回は山の神が起こす恐ろしい祟りが描かれ、「背筋がゾッとした」「ヤバすぎるだろ山の神…」と恐怖の声が相次いでいる。

 物語の舞台となるのは、タイタンボウという山の神を祭るために御霊石を守り続けている村。御霊石に祈りを捧げる番人一族・阿形家に生まれた健人は、20歳になったら番人を継ぐことや御霊石の掟を破ってはいけないことを祖父や父から言い聞かされていた。

 御霊石の掟とは、4日に1度祈りを捧げることと石のある山には村の人間以外を立ち入らせてはいけないというもの。この2つを破ったら祟られると言われている。ところが20歳を目前にして健人は、番人を継ぐことを拒絶。仲間を引き連れて御霊石を壊すと言い出した。タイタンボウの祟りを知る鬼太郎は、仲間を引き連れて山に来た健人に忠告。以前山に入って石の一部を持ち帰った若者が、祟りで消えたという話を語る。

 しかし健人は忠告を無視し、御霊石にピッケルを振り下ろして破壊。少しだけ欠けた石を持…

全文を読む

感動の声続出! アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」69話、地獄の四将・伊吹丸の恋

感動の声続出! アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」69話、地獄の四将・伊吹丸の恋

『ゲゲゲの鬼太郎 妖怪ファイル』(水木しげる/講談社)

 2019年8月18日(日)に、アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の第69話が放送された。地獄の四将・鬼童伊吹丸が語った悲しい恋の物語に、「切ないけど胸が温かくなった」「潔い結末に涙が止まらない」と感動の声が相次いでいる。

 鬼太郎は現在、地獄の閻魔大王に命じられ“地獄の四将”と呼ばれる凶悪な妖怪を捜索中。これまで四将のうち2人と対峙してきたが、鬼太郎と同じく四将を追う少年・石動零に邪魔され一筋縄ではいかない任務となっていた。今回登場した鬼童伊吹丸は、四将の3人目となる存在。地獄から解放された伊吹丸は、妖怪に近い人間・まなに目をつけ連れ去ってしまう。

 鬼太郎やねこ娘は必死でまなを捜索するが、一向に行方がわからない。そんな中、ダムに首のない女の幽霊が出るという相談が舞い込み、放っておけない鬼太郎はひとまず現場へ。ダムで調査をしていると、そこに伊吹丸が現れダムを破壊し始めた。

 伊吹丸を止めようとする鬼太郎に声をかけたのは、連れ去られたはずのまな。まなは伊吹丸がダムを破壊する目的を知り、話を聞いてほしいと訴…

全文を読む

「マジで一切妖怪が出てこなかった…」 アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」67話にツッコミ続出!

「マジで一切妖怪が出てこなかった…」 アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」67話にツッコミ続出!

『ゲゲゲの鬼太郎 妖怪ファイル』(水木しげる/講談社)

 2019年8月4日(日)に放送された、アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の第67話。現代人と縄文人がSNSで競い合うという変わったエピソードが描かれ、「妖怪全く出てこなかったぞ!?」「今までの鬼太郎で一番ツッコミどころの多い回だった」と爆笑の声が上がっている。

 今回の主人公となるのは、SNSの人気者・湊クリスティーンという女子大生。クリスはおしゃれできらびやかな写真を数多く投稿し、大量の「いいね」を稼ぐインフルエンサーだ。クリスの話を聞きつけたねずみ男は、自分もSNSで注目を集めようと計画。未確認生物が出ると噂される山で毛むくじゃらの縄文人と出会い、彼のSNSアカウントを作ることに。

 ねずみ男は人気のある投稿をパクれば縄文人でも「いいね」が稼げると考え、クリスの投稿と似たような写真を次々とアップ。草をむしって食べる様子を「オーガニックランチ」と称したり、写真アプリのクマ風スタンプを真似て本物のクマと撮った写真で「いいね」を稼いでいく。

 縄文人による投稿はたちまち注目を集め、あっという間にクリスを上回…

全文を読む

「笑顔で消えていくのがさらに切なかった」 アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」66話、時を超えた友情の意外な結末に悲しみの声

「笑顔で消えていくのがさらに切なかった」 アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」66話、時を超えた友情の意外な結末に悲しみの声

『ゲゲゲの鬼太郎 妖怪ファイル』(水木しげる/講談社)

 2019年7月28日(日)に放送された、アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の第66話。まなが“隠れ里”と呼ばれる場所で新しい友達と出会うのだが、ラストで描かれた意外な結末に「残されたまなちゃんが可哀想すぎる…」と悲しみの声が相次いでいる。

 今回の物語は、前回に引き続き鳥取県境港市が舞台。町中が夏の恒例行事「港大漁祭り」でにぎわう夜、まなはどこからともなく「こっちにおいで」と語りかける声に導かれて姿を消してしまった。声がする方には不思議な橋があり、橋を渡った先には花畑が広がる楽園のような世界が。“隠れ里”と呼ばれるその場所で、武士のような姿をした少年・一之進や彼を慕う子どもたち、そして一之進に恋心を抱く少女・千代と出会う。彼らが文政2年という大昔の人間だと知ったまなは、自分がいる時代の話をして距離を縮めていく。

 実はこの隠れ里は、子どもたちを呼び寄せて迷い込んだら2度と帰れないと言われている時空が歪んだ世界。200年ぶりに里への入口が開くのを見計らって、子どもたちの魂を狙う死神もやってきていた。まな…

全文を読む

「大鳥取帝国って何www」 アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」65話、日本から独立した“大鳥取帝国”に視聴者大爆笑!

「大鳥取帝国って何www」 アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」65話、日本から独立した“大鳥取帝国”に視聴者大爆笑!

『ゲゲゲの鬼太郎 妖怪ファイル』(水木しげる/講談社)

 2019年7月21日(日)に放送された、アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の第65話。鬼太郎ゆかりの地である鳥取県が独立国家になってしまい、「大鳥取帝国って何www」「とんでもない国家が生まれてしまった」と爆笑の声が相次いでいる。

 今回登場した鳥取県境港市は、原作者・水木しげるの出身地。鬼太郎は目玉おやじやねこ娘を連れて、久しぶりに鳥取まで遊びに来た。まなの父も境港の出身で、毎年夏休みを利用して帰省するのが恒例行事。まながいつものように飛行機で鳥取に来ると、降りた空港でなぜか入国手続きを求められる。

 鳥取は県知事の意向で日本から独立し、「大鳥取帝国」という国家になった様子。まなの叔母をはじめとした街の人々は、鳥取を心から愛する従順な国民になっていた。事情を知ったねこ娘は、無茶苦茶な政策に疑問を持ち「ただでさえ人口が日本一少ないのに、こんなことしたらますます…」と発言。するとどこからともなく警察が駆けつけ、鳥取を侮辱した罪でまなや鬼太郎まで捕まってしまう。

 一方独立前から県知事と親しかったまなの叔父…

全文を読む

「今回ばかりは鬼太郎を応援できない」 アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」64話、妖怪に襲われた悪徳社長に避難殺到!?

「今回ばかりは鬼太郎を応援できない」 アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」64話、妖怪に襲われた悪徳社長に避難殺到!?

『ゲゲゲの鬼太郎 妖怪ファイル』(水木しげる/講談社)

 2019年7月14日(日)に、アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の第64話が放送された。今回は鬼太郎が虎の妖怪・水虎と闘うことになるのだが、「人間サイドが悪すぎてドン引き」「今回ばかりは鬼太郎を応援できない」といった声が相次いでいる。

 水虎というのは、人の心の闇をエネルギーにして実体化する妖怪。滝がある森の中に封印されていたのだが、滝で自殺を図ろうとしていた女性・辰川翔子が封印を解いてしまった。翔子が自殺を図った理由は、家族が街を牛耳る男・鬼久保に目をつけられて苦しめられていたため。翔子の夫は上司である鬼久保からパワハラを受け、息子の蓮も鬼久保の息子にいじめられている。

 水虎は封印を解いてくれた翔子を今の苦しみから解放すると約束し、街に戻った翔子が鬼久保の妻から嫌がらせを受けているところに出現。鬼久保の妻や息子、さらにその周りの人間から水分を奪ってミイラにしてしまう。水虎の封印が解かれたことを知った鬼太郎は、翔子のもとに駆けつけて水虎に攻撃。しかし体が液体でできている水虎には、いつもの攻撃が通用し…

全文を読む

「水木しげる」のおすすめ記事をもっと見る

「水木しげる」のレビュー・書評をもっと見る

「水木しげる」の本・マンガ

方丈記 (小学館文庫―マンガ古典文学)

方丈記 (小学館文庫―マンガ古典文学)

作家
水木しげる
出版社
小学館
発売日
2019-04-05
ISBN
9784094066296
作品情報を見る
小説 ゲゲゲの鬼太郎 ~蒼の刻~ (講談社キャラクター文庫)

小説 ゲゲゲの鬼太郎 ~蒼の刻~ (講談社キャラクター文庫)

作家
大野木 寛
井上 亜樹子
山田 瑞季
永富 大地
水木しげる
東映アニメーション
出版社
講談社
発売日
2019-05-27
ISBN
9784065143698
作品情報を見る
ゲゲゲの鬼太郎(13) (講談社コミックス)

ゲゲゲの鬼太郎(13) (講談社コミックス)

作家
水木しげる
出版社
講談社
発売日
2019-03-15
ISBN
9784065120811
作品情報を見る
ゲゲゲの鬼太郎 総集編 激闘13番勝負 (講談社 MOOK)

ゲゲゲの鬼太郎 総集編 激闘13番勝負 (講談社 MOOK)

作家
水木しげる
ほしの 竜一
講談社
出版社
講談社
発売日
2019-03-14
ISBN
9784065150078
作品情報を見る
水木しげるの異界探訪記 (角川文庫)

水木しげるの異界探訪記 (角川文庫)

作家
水木しげる
出版社
KADOKAWA
発売日
2019-03-23
ISBN
9784041078693
作品情報を見る
ゲゲゲの鬼太郎 (1) (てんとう虫コミックススペシャル)

ゲゲゲの鬼太郎 (1) (てんとう虫コミックススペシャル)

作家
松本 しげのぶ
水木しげる
水木プロダクション
出版社
小学館
発売日
2019-03-28
ISBN
9784091430229
作品情報を見る
ゲゲゲの鬼太郎 <漫画原稿再生叢書>

ゲゲゲの鬼太郎 <漫画原稿再生叢書>

作家
水木しげる
出版社
復刊ドットコム
発売日
2019-04-26
ISBN
9784835456768
作品情報を見る
ゲゲゲの鬼太郎 コミック 1-13巻セット

ゲゲゲの鬼太郎 コミック 1-13巻セット

作家
水木しげる
出版社
発売日
2019-03-15
ASIN
B07PW4GBW3
作品情報を見る

「水木しげる」人気の作品ランキングをもっと見る