読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

水木しげる

職業・肩書き
マンガ家
ふりがな
みずき・しげる

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

1922年、大阪府生まれ。紙芝居・貸本漫画作家を経て、65年『週刊少年マガジン』で週刊誌デビュー。代表作の『ゲゲゲの鬼太郎』『悪魔くん』『河童の三平』の他、著書多数。2007年『のんのんばあとオレ』で仏アングレーム国際マンガフェスティバル最優秀コミック賞、09年『総員玉砕せよ!』で遺産賞受賞。10年には文化功労者に選ばれる。

「水木しげる」のおすすめ記事・レビュー

「ラストのすれ違いが辛すぎる…」アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」43話、衝撃のバッドエンドに驚きの声続出

「ラストのすれ違いが辛すぎる…」アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」43話、衝撃のバッドエンドに驚きの声続出

『ゲゲゲの鬼太郎 妖怪ファイル』(水木しげる/講談社)

 2019年2月10日(日)に、アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の第43話が放送された。今までで一番悲しいバッドエンドが描かれ、「ラストのすれ違いが辛すぎる…」「こんなに救いがないなんて」と驚きの声が上がっている。  今回の物語では、細胞の研究をしている男性・小野崎が鬼太郎に「自分を殺してほしい」と依頼してきた。小野崎は永遠の命をテーマとした遺伝子操作の研究をしており、不死の細胞を開発することに成功。ほかの研究者たちが再現できなかったその研究を立証するため、自分の体に細胞を注射する人体実験を試みる。実験は見事成功し、小野崎の体はナイフで刺してもすぐに再生する不死の体に。しかし同時に、夜な夜な人を襲って血を吸う妖怪「おどろおどろ」に変身するようになってしまった。  小野崎は人間の姿でいるときはどんな自殺を試みても死ねないため、妖怪を倒せるという鬼太郎を頼る。だが鬼太郎は「考えさせてください」と小野崎のもとを去り、人間を手にかけるべきかどうか思い悩んでしまう。小野崎の家は父子家庭で、娘の美琴はまなのクラ…

全文を読む

「ねこ娘が弁護士してる…!」鬼太郎の裁判シーンが話題に【アニメ『ゲゲゲの鬼太郎』42話】

「ねこ娘が弁護士してる…!」鬼太郎の裁判シーンが話題に【アニメ『ゲゲゲの鬼太郎』42話】

『ゲゲゲの鬼太郎 妖怪ファイル』(水木しげる/講談社)

 2019年2月3日(日)に、アニメ『ゲゲゲの鬼太郎』の第42話が放送。鬼太郎が妖怪を殺した罪で裁判にかけられるのだが、本格的な法廷シーンが「ガチの弁護士アニメみたいだ」「ねこ娘が弁護士してる…!」と話題になった。

 今回の物語は、鬼太郎が一つ目小僧を殺した容疑でカラス天狗たちに逮捕される場面から始まる。ねこ娘は鬼太郎の無罪を信じ、過去の裁判記録を漁って対策を講じることに。裁判には事件現場に居合わせた呼子が呼ばれ、呼子は鬼太郎が一つ目小僧を殺す瞬間を目撃したと証言。呼子が見た鬼太郎は何の罪もない一つ目小僧に対し、容赦なく髪の毛針を浴びせたという。

 弁護側の証人として子泣きじじいや砂かけばばあも出廷する予定だったが、当日現れたのはぬりかべとねずみ男のみ。ぬりかべの証言は全く役に立たず、ねずみ男はあっさりと鬼太郎を裏切って「妖怪世界の裏切り者」などとまくしたてた。さらに検察側は、新たな証人としてまなを召喚。「被告が妖怪を抹殺するのを見たことがありますか?」と聞かれたまなは、「はい」と答えることしか…

全文を読む

「健気なところが泣ける」アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」41話、古道具に宿った付喪神が話題

「健気なところが泣ける」アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」41話、古道具に宿った付喪神が話題

『ゲゲゲの鬼太郎 妖怪ファイル』(水木しげる/講談社)

 2019年1月27日(日)に、アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の第41話が放送。人間に長く使われた道具たちが付喪神となって現れ、「ゆるキャラみたいで可愛い!」「健気なところが泣ける」と話題になっている。

 今回登場する付喪神とは、道具に霊が宿って自我を持ち始めた存在のこと。靴屋で長い間大切にされていた草履の付喪神は、信頼していた持ち主・勇夫に捨てられたことをきっかけに人間を恨みはじめた。草履と一緒に捨てられたギターや湯呑み、懐中電灯も草履の意見に賛同。そんな彼らに目をつけたねずみ男は、付喪神の宿った道具を使って詐欺商売を始めることに。

 付喪神たちはそれぞれ人間に買われるが、届いた直後に脱走するという嫌がらせを繰り返す。しかし次第に新しい家を気に入る付喪神も現れ、草履の仲間は徐々に減ってしまう。それでも草履は頑なに嫌がらせを続けたが、ある時おかしな芸術家に買われて壊されそうになる。怒った草履は巨大化して芸術家の元を逃げ出し、元の持ち主・勇夫の息子夫婦の元へ。勇夫に見捨てられたことを嘆く草履に、息子は自…

全文を読む

「鬼太郎の“忠告”怖すぎ…」 アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」40話、ホラーモードな鬼太郎が話題

「鬼太郎の“忠告”怖すぎ…」 アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」40話、ホラーモードな鬼太郎が話題

『ゲゲゲの鬼太郎 妖怪ファイル』(水木しげる/講談社)

 2019年1月20日(日)に、アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の第40話が放送された。久々にホラーな雰囲気で現れた鬼太郎が「今日は完全に妖怪側だ」「鬼太郎の“忠告”怖すぎ…」と話題になっている。

 今回登場した妖怪は、皿を洗うのが好きなさら小僧。売れない芸人・ビンボーイサムは、ある日川で遭遇したさら小僧が「ぺったらぺたらこ」という不思議な歌を歌っているのを耳にした。面白いネタが思いつかずに悩んでいたイサムは、さら小僧の歌を自分の持ちネタとして披露。ネタは見事に大ヒットし、イサムはテレビの人気者となる。

 ねこ娘がスマホでイサムを見ていると、傍にいた目玉おやじがさら小僧の歌だと気づく。鬼太郎はさっそくイサムの元へ行き、「これ以上あの歌を歌うのなら、今に大変なことになりますよ」と告げた。しかしイサムのネタはテレビで繰り返し放送されており、街のあちこちで真似する人が続出。さら小僧は自分の歌を取られたと激怒し、流行の発端であるイサムに怒りの矛先を向ける。

 イサムの家に現れたさら小僧は、「お前、俺の歌盗んだろ?…

全文を読む

「鬼太郎がギャルゲにハマる時代か…」徹夜で恋愛ゲームをする鬼太郎にツッコミ続出【アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」39話】

「鬼太郎がギャルゲにハマる時代か…」徹夜で恋愛ゲームをする鬼太郎にツッコミ続出【アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」39話】

『ゲゲゲの鬼太郎 妖怪ファイル』(水木しげる/講談社)

 2019年1月13日(日)に、アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の第39話が放送された。夜通し恋愛ゲームで遊ぶ鬼太郎の姿が、「鬼太郎がギャルゲにハマる時代か…」「嫌々始めたのに割と夢中じゃん」と話題になっている。

 39話で描かれたのは、人間と雪女の恋愛。雪女のゆきは、ある日公園で俊と名乗る男性から熱烈な告白を受けた。ゆきに彼氏が出来たと知ったねこ娘は、驚きながらも彼女の恋を応援。まなと一緒に度々ゆきを尋ね、様々なアドバイスをする。

 しかし熱血すぎる俊とクールなゆきの心はすれ違ってしまい、ゆきは別れを告げて彼の元を立ち去った。そこへ現れたねずみ男が、俊に別の女性を紹介。鬼太郎も駆け付けるが、ねずみ男は「そいつでちっとは恋のお勉強でもしてな」と言って鬼太郎に恋愛ゲームを渡す。

 俊が女性と腕を組んで歩いている姿を目撃したゆきは、今まで感じたことのない気持ちを経験。俊が嫌いだと主張するゆきに対して、ねこ娘はそれが「嫉妬」という感情だと教えた。俊と歩いていた女性は、実は沼御前と呼ばれる蛇の妖怪。俊にフラれそう…

全文を読む

「せっかくのシャワーシーンなのに!」 アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」38話、入れ替わった鬼太郎たちがヤバい!

「せっかくのシャワーシーンなのに!」 アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」38話、入れ替わった鬼太郎たちがヤバい!

『ゲゲゲの鬼太郎 妖怪ファイル』(水木しげる/講談社)

 2019年1月6日(日)に、アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の第38話が放送された。鬼太郎ファミリーの中身がシャッフルされてしまうという驚きの展開が、「新年早々死ぬほど笑った」「ねこ娘が可哀想すぎ(笑)」と話題になっている。

 今回登場した妖怪は、埋葬されるはずの死体を盗んで喰らう妖怪・火車。衰えて体が鈍ってきた火車は、楽に死体が手に入るという口車に乗せられねずみ男のビジネスに利用されてしまう。ねずみ男が火車に運んでくるのは、事故や殺人などに巻き込まれ誰かが抹消したいと依頼してきた死体。火車は悲しむ遺族から無理やり死体を盗むことを楽しんでいたため、これでは物足りないとねずみ男に抗議する。

 我慢しろというねずみ男に対し、火車は「この体には愛着もあるが、年には勝てねぇ」と言いながらねずみ男の手を握った。すると2人の体と魂が入れ替わり、火車はより動きやすいねずみ男の体をゲットする。そんな火車の前にねこ娘が現れ、今度はねこ娘と魂を交換。ねずみ男の体に入ってしまったねこ娘は、酷い体臭に悲鳴を上げながら一目散に…

全文を読む

「ムキムキじゃねーか!」アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」本気を出したバックベアードの姿が話題に

「ムキムキじゃねーか!」アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」本気を出したバックベアードの姿が話題に

『ゲゲゲの鬼太郎 妖怪ファイル』(水木しげる/講談社)

 2018年12月23日(日)に、アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の第37話が放送された。西洋妖怪のトップ・バックベアードが姿を変えて鬼太郎に立ちはだかるのだが、その姿が「ムキムキじゃねーか!」「意外と肉体派だった」と話題になっている。

 人間を妖怪に変える“ブリガドーン計画”を発動させ、日本を支配し始めたバックベアード。第37話では、魔女・アニエスのおかげで生き残ったまながアニエスの姉・アデルから不思議な石を渡される。アデルは石を鬼太郎に届けて欲しいと告げ、まなはバックベアードの目を盗んで鬼太郎のもとへ。アデルの石を投げると、力を取り戻した鬼太郎がバックベアードに反撃を始めた。

 鬼太郎が放った指鉄砲はバックベアードに命中し、巨大な目玉は爆発。しかし地上に降りたバックベアードは、人間のような姿に変身してしまう。筋骨隆々の黒い体にひとつ目という禍々しい姿には、視聴者からも「めちゃくちゃ強そう、ってか強い!」「キモくて不気味で正にラスボスって感じ」「元の姿が可愛く思えてきた…」と恐怖の声が相次いだ。

 バッ…

全文を読む

「鬼太郎大丈夫なの!?」アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」36話、最悪の結末に恐怖の声続出…

「鬼太郎大丈夫なの!?」アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」36話、最悪の結末に恐怖の声続出…

『ゲゲゲの鬼太郎 妖怪ファイル』(水木しげる/講談社)

 2018年12月16日(日)に、アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の第36話が放送された。バックベアードの野望が実現してしまう衝撃のラストシーンに、「マジで強すぎるだろ西洋妖怪」「鬼太郎大丈夫なの!?」と驚きの声が続出している。

 鬼太郎たち日本妖怪の敵として現れたバックベアードは、「アルカナの指輪」と魔女・アニエスを探しに日本へ。第36話では、偶然指輪を拾ったまながアルカナの指輪だとは思わずに右手の指に嵌めてしまう。

 指輪はまなの指から外せなくなってしまったうえ、指輪の気配を感じた魔女・アデルがまなに襲い掛かる。そこへ鬼太郎が現れてまなを助け、霊毛ちゃんちゃんこを渡してゲゲゲの森へ急ぐように命じた。まなは目玉おやじと一緒に森まで走るが、道中で追いついたアデルに遭遇。助けに来たアニエスが間一髪でまなを箒に乗せ、2人は空中へと逃げていく。しかし途中で箒が言うことを聞かなくなり、まなが箒から落下。すかさずアデルが捕まえて指輪を抜き取るが、取り返そうと暴れたまなは手を滑らせて再び落ちてしまった。

 指輪をゲッ…

全文を読む

「水木しげる」のおすすめ記事をもっと見る

「水木しげる」のレビュー・書評をもっと見る

「水木しげる」の本・マンガ

妖怪ビジュアル大図鑑 (講談社ポケット百科シリーズ)

妖怪ビジュアル大図鑑 (講談社ポケット百科シリーズ)

作家
水木しげる
出版社
講談社
発売日
2018-07-15
ISBN
9784065127469
作品情報を見る
水木しげる妖怪大百科

水木しげる妖怪大百科

作家
水木しげる
小学館クリエイティブ
出版社
小学館
発売日
2004-10-01
ISBN
9784092203211
作品情報を見る
総員玉砕せよ! (講談社文庫)

総員玉砕せよ! (講談社文庫)

作家
水木しげる
出版社
講談社
発売日
1995-06-07
ISBN
9784061859937
作品情報を見る
ゲゲゲの鬼太郎 妖怪ファイル

ゲゲゲの鬼太郎 妖怪ファイル

作家
水木しげる
出版社
講談社
発売日
2018-03-17
ISBN
9784062210522
作品情報を見る
水木しげる鬼太郎大百科

水木しげる鬼太郎大百科

作家
水木しげる
小学館クリエイティブ
出版社
小学館
発売日
2004-10-01
ISBN
9784092203228
作品情報を見る
ゲゲゲの鬼太郎(12) (講談社コミックス)

ゲゲゲの鬼太郎(12) (講談社コミックス)

作家
水木しげる
出版社
講談社
発売日
2019-02-15
ISBN
9784065120798
作品情報を見る

「水木しげる」人気の作品ランキングをもっと見る