読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

水木しげる

職業・肩書き
マンガ家
ふりがな
みずき・しげる

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

1922年、大阪府生まれ。紙芝居・貸本漫画作家を経て、65年『週刊少年マガジン』で週刊誌デビュー。代表作の『ゲゲゲの鬼太郎』『悪魔くん』『河童の三平』の他、著書多数。2007年『のんのんばあとオレ』で仏アングレーム国際マンガフェスティバル最優秀コミック賞、09年『総員玉砕せよ!』で遺産賞受賞。10年には文化功労者に選ばれる。

「水木しげる」のおすすめ記事・レビュー

「テロップあれば何してもいいって考えヤバすぎ」アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」第92話、妖怪・天邪鬼が作るイタズラ番組に視聴者ドン引き!?

「テロップあれば何してもいいって考えヤバすぎ」アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」第92話、妖怪・天邪鬼が作るイタズラ番組に視聴者ドン引き!?

『ゲゲゲの鬼太郎 妖怪ファイル』(水木しげる/講談社)  2020年2月9日(日)放送のアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」第92話に、人の不幸を喜ぶ妖怪・天邪鬼が登場。人間にイタズラを仕掛けて大喜びする姿が、「ある意味最も人間に近い性格だな…」「妖怪とかじゃなくてただのめっちゃ迷惑な人だろ」と話題になっている。  ある日ねずみ男は、たまたま知り合ったテレビディレクター・奥田と共に天邪鬼を喜ばせるためのテレビ番組を企画。ねずみ男と天邪鬼が罪のない人にイタズラを仕掛け、慌てる姿を笑うという内容だった。最初は抵抗していた奥田だったが、本心とは裏腹に番組は大ヒット。奥田も周りの評判に手ごたえを感じはじめ、もう少し番組を育ててみたいと考えるようになる。  やがて奥田は“天才ディレクター”と呼ばれはじめ、すっかり有名人に。特番からレギュラー番組に昇格することが決まり、内容もどんどん過激になっていった。レギュラー化されたことで規制も厳しくなったため、イタズラシーンでは「※許可を取って荒らしています」などのテロップが登場。天邪鬼は不快さが減ると激怒するが、ねずみ男の「この…

全文を読む

「号泣してしまった…」 アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」第91話は前世の罪に人生を狂わされた悲恋物語!?

「号泣してしまった…」 アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」第91話は前世の罪に人生を狂わされた悲恋物語!?

『ゲゲゲの鬼太郎 妖怪ファイル』(水木しげる/講談社)  2020年2月2日(日)にアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」第91話が放送。視聴者からは、「やりきれないエピソード」「誰も悪じゃないのが切ない」といった声が上がっている。  同話では、52年前にアンコールワットで出会った舞台演出家・本郷から鬼太郎のもとへ演劇のチケットが届く。当時「鎧武者に連れ去られた恋人を探してほしい」という鬼太郎への依頼に興味を持った本郷は、妻の沙羅と事件の現場へ。しかしそこで、今度は沙羅が鎧武者に連れ去られてしまうのだった。  亡霊たちの正体は400年前にいた青年・オインとその仲間。オインにはワランという妹がいたが、隣国との戦いの中で誤って彼女を殺めてしまう。オインは贖罪の気持ちから亡霊へ。ワランの生まれ変わりを探して、女性たちを攫っていた。  沙羅は鬼太郎の活躍によって救い出されるが、帰国後の日本でさらに事件が。帰国後、本郷は沙羅の強い勧めでアンコールワットでの事件を舞台化。その初演日に沙羅兼ワラン役の沙羅が、毒を飲んで自殺してしまう。  本郷は「霧の夜を思い出して」という沙…

全文を読む

2年間お蔵入りしていた伝説の脚本!? アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」第90話がカオスすぎて混乱する視聴者続出

2年間お蔵入りしていた伝説の脚本!? アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」第90話がカオスすぎて混乱する視聴者続出

『ゲゲゲの鬼太郎 妖怪ファイル』(水木しげる/講談社)  2020年1月26日(日)に放送されたアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」第90話に、鬼太郎のニセモノ“G鬼太郎”が登場。彼が巻き起こす波乱のエピソードに、「ヤバい、何が起きてるのか全然分からない」「何だこのめちゃくちゃな展開はwww」とツッコミが相次いでいる。  事の発端となったのは、鬼太郎によく似た謎の人物が登場している動画。G鬼太郎と名乗る彼は、瞬く間に人気を集めて多くのファンから支持されるようになった。困った鬼太郎の元に届いたのは、「ニセ鬼太郎のことを詳しく教える」と書かれた手紙。手紙に従って真夜中の漁港に出かけると、美しい人魚たちと個性的な顔をしたリーダー格の人魚・うお子が現れる。  うお子曰く、G鬼太郎はさざえ鬼という妖怪が変身した姿。さざえ鬼はアイドルグループを結成した人魚の事務所を乗っ取り、G鬼太郎としてデビューを果たした。人魚たちの話を聞いた鬼太郎は、事務所に乗り込んでさざえ鬼に抗議。にこやかに迎えたさざえ鬼は、鬼太郎に成りすました理由について「子どもたちに人気ある回転寿司のネタにな…

全文を読む

「同じ人間から見ても今回は人間が怖かった」アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」第89話、妖怪を排除するための法律“妖対法”に恐怖の声

「同じ人間から見ても今回は人間が怖かった」アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」第89話、妖怪を排除するための法律“妖対法”に恐怖の声

『ゲゲゲの鬼太郎 妖怪ファイル』(水木しげる/講談社)  2020年1月19日(日)に放送されたアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」第89話に、人間が妖怪に対抗するための法律“妖対法”が登場。「まさか妖怪のための法が生まれるとは…」「同じ人間から見ても今回は人間が怖かった」と驚きや恐怖の声が相次いでいる。  ある日鬼太郎の元に届いたのは、手を盗まれたという女性からの手紙。さっそく鬼太郎が差出人・陽子のもとへ行くと、陽子は自分の手が勝手に動いて自分の首を絞めてくると悩んでいた。陽子の手を支配しているのは、手のひらに目玉がある“手の目”という妖怪。この目玉に睨まれると、手の細胞が変化して手の目のものになってしまう。  陽子以外にも被害者は現れているようで、自分をメッタ刺しにするなどありえない死に方をした人々の存在が明らかに。鬼太郎とねこ娘が調査を始めると、2人の前に現れたぬらりひょんが「妖怪による不当な行為の防止等に関する法律」と書かれた1枚の紙を差し出す。この法律は日本の総理を中心とした各界の専門家によって作られているもので、手の目は法律制定に関わるメンバーを…

全文を読む

「今どき人間でも珍しい肉食系男子」 アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」第88話、シェアハウスを舞台にした一反もめんの恋が話題

「今どき人間でも珍しい肉食系男子」 アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」第88話、シェアハウスを舞台にした一反もめんの恋が話題

『ゲゲゲの鬼太郎 妖怪ファイル』(水木しげる/講談社)  2020年1月12日(日)に、アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の第88話が放送。恋多き一反もめんが人間の女の子に猛アタックをはじめ、「今どき人間でも珍しい肉食系男子」「いくら空回ってもめげないメンタルはさすがだな」と話題になっている。  今回の舞台となるのは、ねずみ男が仕切っている男女共同のシェアハウス「ビビビハウス」。ねずみ男は失恋したばかりの一反もめんをハウスに誘い、出会いを期待した一反もめんは迷わず入居を決めた。ハウスでは一反もめんのほかに、かわうそと豆腐小僧が男性陣として参加。女性陣は3人とも人間だったのだが、妖怪たちの姿を見た途端に「子どもと獣と布しかいないじゃん」と落胆する。  その後なぜか鬼太郎もハウスに参加することになり、女性陣は大喜び。かわうそと豆腐小僧も料理を手伝ったり美味しい湯豆腐を振る舞って、女性陣と仲良くなっていった。彼女たちと楽しい時間を過ごすうちに、一反もめんは一番大人しい妖怪好きの女子・まーちゃんに惹かれるように。意を決した一反もめんはまーちゃんを呼び出して告白を試…

全文を読む

「貧乏神さんめっちゃいい事言うじゃん」 アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」第87話、札束に火を放った少女と貧乏神のエピソードが好評

「貧乏神さんめっちゃいい事言うじゃん」 アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」第87話、札束に火を放った少女と貧乏神のエピソードが好評

『ゲゲゲの鬼太郎 妖怪ファイル』(水木しげる/講談社)  2020年1月5日(日)に、アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の第87話が放送。貧乏神と座敷童子という正反対の妖怪2人が登場し、「貧乏神が意外といいヤツだった」「持ちつ持たれつな関係なんだね」と話題になっている。  今回のエピソードで描かれたのは、まなの友達・綾とその両親の物語。綾の両親は喫茶店を経営していたが、店に住み着いた貧乏神のせいで全く繁盛していなかった。まなに指摘されて初めて貧乏神が見えるようになった綾は、この家から出ていってほしいと激怒。貧乏神は自分のおかげで家の平和が保たれていると主張しながら、最終的に出ていくことを決める。  その代わり綾の家にやってきたのは、家に富をもたらす座敷童子。綾のことをかなり気に入ったようで、彼女の幸せを願って店を繁盛させた。突然儲かり始めたことに気を良くした両親は、座敷童子に「もっと店を大きくしたい」と懇願。喫茶店はショッピングモールになり、遊園地まで併設される大型施設に発展する。  金の匂いを嗅ぎつけたねずみ男がヤクザを連れて強請りに現れるが、家を守りた…

全文を読む

「これはトラウマになるwww」 アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」第86話、怖すぎるサンタにツッコミ続出!?

「これはトラウマになるwww」 アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」第86話、怖すぎるサンタにツッコミ続出!?

『ゲゲゲの鬼太郎 妖怪ファイル』(水木しげる/講談社)  2019年12月22日(日)に放送された、アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」第86話。クリスマスの象徴・サンタが暴走するエピソードに、「これはトラウマになるwww」「クリスマスって雰囲気じゃないな」とツッコミの声が続出している。  人間の町がクリスマスムードに染まった冬のある日、ねこ娘は鬼太郎にイルミネーションを見に行かないかと提案。しかしあっさりと断られてしまい、「私、クリスマスなんか全然興味ないし!」と拗ねてしまった。一方まなは鬼太郎たちにクリスマスプレゼントを持っていくため、鼻歌を歌いながらゲゲゲの森へ。道中で友人の蒼馬と大翔に出会ったが、公園のサンタを追いかけた大翔が目を離した隙に姿を消してしまう。  すぐに辺りを探すと、道の真ん中に意識を失った大翔と彼を引きずるサンタの姿が。サンタは髪を触手のように伸ばし、2人に襲い掛かってきた。逃げる途中で捕まった蒼馬もサンタに生気を吸われ、干からびたような状態に。まなは駆けつけた鬼太郎とねこ娘に助けられ、サンタはパトカーが連行。だが目玉おやじは「このま…

全文を読む

「まさに進撃のダイダラボッチ」 アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」第85話、富士山より巨大な妖怪・ダイダラボッチの復活シーンが話題

「まさに進撃のダイダラボッチ」 アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」第85話、富士山より巨大な妖怪・ダイダラボッチの復活シーンが話題

『ゲゲゲの鬼太郎 妖怪ファイル』(水木しげる/講談社)  2019年12月15日(日)に放送された、アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」第85話。今回は富士山に腰掛けられるほどの巨大な妖怪・ダイダラボッチが現れ、「まさに進撃のダイダラボッチ」「怪獣映画みたい」と話題になっている。  ある日富士山近くの上空に、巨大な2つの目玉が出現。続けざまに鼻や口も現れ、上空で大きな顔が完成する。このパーツはダイダラボッチという妖怪のもので、富士山周辺でパーツごとに封印されていた様子。駆けつけた鬼太郎は、ダイダラボッチに詳しい研究者・門倉と出会う。  門倉は次に出現するパーツと場所を言い当て、徐々に揃っていくダイダラボッチの体に大興奮。しかしダイダラボッチの封印を解いている謎の集団・七人同行は、「ダイダラボッチは愚かで目障りな人間どもを皆殺しにする道具として復活するのだ」と主張した。  本来ダイダラボッチは富士山に座って人間と妖怪の暮らしを見守る妖怪だが、最初に封印を解いた人はダイダラボッチを意のままに操れるという。七人同行にダイダラボッチ復活を命じたのは、妖怪の復権をめざ…

全文を読む

「水木しげる」のおすすめ記事をもっと見る

「水木しげる」のレビュー・書評をもっと見る

「水木しげる」の本・マンガ

水木しげる漫画大全集 000 総索引/年譜他

水木しげる漫画大全集 000 総索引/年譜他

作家
水木しげる
水木しげる漫画大全集 編集委員会
出版社
講談社
発売日
2019-11-29
ISBN
9784065166918
作品情報を見る
ゲゲゲの鬼太郎 (1) (てんとう虫コミックススペシャル)

ゲゲゲの鬼太郎 (1) (てんとう虫コミックススペシャル)

作家
松本 しげのぶ
水木しげる
水木プロダクション
出版社
小学館
発売日
2019-03-28
ISBN
9784091430229
作品情報を見る
方丈記 (小学館文庫―マンガ古典文学)

方丈記 (小学館文庫―マンガ古典文学)

作家
水木しげる
出版社
小学館
発売日
2019-04-05
ISBN
9784094066296
作品情報を見る
ゲゲゲの鬼太郎(13) (講談社コミックス)

ゲゲゲの鬼太郎(13) (講談社コミックス)

作家
水木しげる
出版社
講談社
発売日
2019-03-15
ISBN
9784065120811
作品情報を見る
水木しげるの異界探訪記 (角川文庫)

水木しげるの異界探訪記 (角川文庫)

作家
水木しげる
出版社
KADOKAWA
発売日
2019-03-23
ISBN
9784041078693
作品情報を見る
ゲゲゲの鬼太郎 妖怪ファイル 世界編

ゲゲゲの鬼太郎 妖怪ファイル 世界編

作家
水木しげる
出版社
講談社
発売日
2019-12-02
ISBN
9784065180570
作品情報を見る
小説 ゲゲゲの鬼太郎 ~蒼の刻~ (講談社キャラクター文庫)

小説 ゲゲゲの鬼太郎 ~蒼の刻~ (講談社キャラクター文庫)

作家
水木しげる
大野木 寛
井上 亜樹子
山田 瑞季
永富 大地
東映アニメーション
出版社
講談社
発売日
2019-05-27
ISBN
9784065143698
作品情報を見る
ゲゲゲの鬼太郎 <漫画原稿再生叢書>

ゲゲゲの鬼太郎 <漫画原稿再生叢書>

作家
水木しげる
出版社
復刊ドットコム
発売日
2019-04-26
ISBN
9784835456768
作品情報を見る

「水木しげる」人気の作品ランキングをもっと見る