あの名シーンも!『DRAGON BALL』『ONE PIECE』『NARUTO』がジャンプ×UTのラストを飾る!

アニメ・マンガ

2018/8/2

 今年創刊50周年の『週刊少年ジャンプ』とコラボし、多くの作品をTシャツ化してきたユニクロのTシャツブランド「UT」。同コラボの最後を飾るTシャツが2018年7月27日(金)から発売され、入手したファンからは早くも反響が続出している。

 今回Tシャツ化されたのは、鳥山明『DRAGON BALL』、尾田栄一郎『ONE PIECE』、岸本斉史『NARUTO -ナルト-』の3作品。年代こそ違うものの、いずれもジャンプの歴史を彩ってきた大人気作品だ。Tシャツのプリントに描かれたのは、各作品の“始まり”と“終わり”。各作品第1巻のコマや、連載時の『ジャンプ』表紙で“始まり”を表現している。

『NARUTO -ナルト-』の“始まり”Tシャツには、前面に連載開始号の1999年『ジャンプ』表紙がプリントされ、背面には単行本第1巻のコマが。『DRAGON BALL』『ONE PIECE』も同様に連載開始号の表紙と、単行本第1巻のワンシーンがプリントされている。期待を上回る連載開始号というデザインに、ファンからは「なんてコアなチョイスなんだ…」「連載当時の表紙とかそれだけで価値がすごい」「部屋に飾っても映えるだろうなー」と喜びの声が続出した。

 “終わり”で描かれたシーンは各作品で異なり、『ONE PIECE』からはエースが赤犬の攻撃を受け、「愛してくれて… ありがとう!!」と息絶える涙の別れシーンが登場している。

 名シーンを身につけて外を歩けば、心も足も弾むはず。お気に入り作品のTシャツを是非ゲットしよう。