5年で自己資金が10倍に!「株を始めよう!」と思ったときに読みたい、実践マニュアル本

暮らし

2018/8/15

 株投資に挑戦したいと思いながらも、挫折した人は多いのではないだろうか。口座の開設方法や株の注文方法、買うタイミング、買った後の管理方法など、初心者にとってはわからないことだらけ。

『月収15万円で株投資をはじめたわたしが 5年で資産を10倍にした方法を書き込みながら実践する本』はそんな株投資難民が、株についての基礎から実践までを詳しく学ぶことができる株投資の教科書である。

 著者は、日本最大のファイナンシャル教育機関「ファイナンシャルアカデミー」で「お金の教養スクール」「株式投資スクール」などの講座を担当している藤川里絵氏。

 藤川氏は、月収15万円で株投資を始めた。最初は分からないことだらけで、何度も壁にぶつかっていたが、株投資について勉強していくうちに5年で自己資金が10倍に。2010年から株投資を始めてから、なんと8年間年間損益負けなしというから驚きだ。

 そんな自身の経験を活かして、株投資を始める準備、株の買い方と売り方、保有中の管理方法など、約30ステップに分けて解説している。これを順番に読み進めることで、投資の基礎がしっかりと身についていく。

 本書の最大の特徴は「書き込み式」になっていることだ。株投資上級者のほとんどがそれぞれの「株ノート」をつけている。銘柄の特徴、取引の記録、自身の気持ちなどを書き込んだ株ノートは、株投資をする上でとても大切な材料になる。

 本書のフォーマットを書いて埋めながら読んでいくことで、株ノートの作り方も学ぶことができるのである。本書で今年こそ株式投資デビューしてみては?

【著者プロフィール】
2010年より株式投資を始め、5年で自己資金を10倍に増やす。8年間、年間損益負けなし。日本最大のファイナンシャル教育機関である「ファイナンシャルアカデミー」にて、「お金の教養スクール」「株式投資スクール(旧・株式投資の学校)」など、多数の講座を担当。特に「株式投資スクール」は毎回100名以上が受講し、キャンセル待ちが出るほどの人気ぶり。前著にあたる『月収15万円から株入門 数字オンチのわたしが5年で資産を10倍にした方法』(扶桑社刊)は2万部を超すヒットに。