『20世紀少年』完結から11年…浦沢直樹『スピリッツ』に帰還! ファンからは歓喜の声続出

アニメ・マンガ

2018/9/24

img01.jpg

 漫画家・浦沢直樹の新連載が『週刊ビッグコミックスピリッツ』でスタートすることが明らかに。これまで配信されていなかった電子書籍版も解禁されるとあって、「新連載に電子版って朗報すぎて信じられない!」と話題になっている。

 浦沢はこれまで、柔道漫画『YAWARA!』やテニス漫画『Happy!』を『スピリッツ』にて連載してきた。1999年からは『20世紀少年』がスタートし、同作は累計2800万部を突破。実写映画も大ヒットし、浦沢の代表作となっている。先日フランスで開催された原画展では、5万人を動員。ルーブル美術館との共同プロジェクト作品『夢印-MUJIRUSHI-』(協力:フジオプロ)の単行本を発売し好評を得るなど、世界的な躍進を続けている。

 『スピリッツ』での新連載が始まるのは、2018年10月6日(土)発売の45号から。連載に先駆けた告知用のラフイラストも公開され、「あのコはいつも走ってる」というキャッチコピーとともに少女の後ろ姿が描かれている。ファンからは「うわぁ、もうこのイラストだけでワクワクする!」「最近の浦沢作品ますます面白いから楽しみ」と期待の声が数多く寄せられた。

 さらに、今までデジタル版を配信していなかった浦沢作品だが、雑誌電子版の解禁が遂に決定。紙と電子、どちらの『スピリッツ』でも、この作品を読むことができるように。これを知ったファンからは、「最近で一番衝撃的なニュース」「やっと配信してくれるのかー!」「今後は過去作品も電子版に対応していくのかな」と驚きの声が上がっている。

 9月27日(木)発売の『月刊! スピリッツ』11号では、遠藤賢司の秘蔵エピソードを漫画化した読み切りや美女イラストを使用したカレンダー、泉谷しげるとの対談など浦沢の企画が満載。新連載開始の前に、こちらもチェックしてみては?