ボルト「しゃべんのかよ!?」 平然と話しかける蛇に視聴者大爆笑【アニメ「BORUTO」76話】

アニメ・マンガ

2018/10/13

 2018年10月7日(日)放送のアニメ「BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS」第76話「逆鱗に触れろ」で、喋る蛇たちが話題に。「この世界は動物がしゃべって当然の世界だなwww」「どうやって声出してるんだろう…?」と爆笑の声が上がっている。

 ミツキの行方を調べるべく、白蛇仙人を訪ねたボルトたち。しかしミツキの情報と引き換えに、狂暴な大蛇・ガラガの“逆鱗(げきりん)”と呼ばれるウロコを奪い取ってくるよう指令が。白蛇仙人から「ガラガのおるところは龍地洞で最も気性の荒い大蛇たちのいる巣の中だべ。それでも行ぐが?」と脅されるが、ボルトたちは臆することなく龍地洞の奥へと向かっていった。

 道行く先々で、なぎ倒された木や蛇の這ったと思われる跡を見つけて少し怖気づく一行。しばらく歩みを進めると、突如目の前にとてつもなく巨大な赤い蛇が現れる。この蛇こそガラガだったが、ボルトたちはその巨体と凶暴さに圧倒されピンチに陥ってしまう。さらに青い蛇も現れて絶対絶命のボルトたち。ところが青蛇がガラガと戦い始めたため、隙をついて逃げ出すことに。

 近くにあった洞窟に非難して態勢を立て直そうとすると、目の前にさっきの青蛇が出現。再びピンチが訪れると思いきや、青蛇は「私はサスケ様に忠誠を誓った口寄せの大蛇・アオダと申します」と優しく話しかける。アオダはサスケの娘であるサラダのピンチに駆けつけてくれたのだった。当然のように話しかけてくるアオダに、ボルトは「しゃべんのかよ!?」と驚きのようす。

 一方そのころ、ガラガは「アオダのクソが邪魔するとはいい度胸じゃねぇか」「俺に近づく人間は誰だろうがぶっ殺してやらァ!」と怒り狂っていた。

 喋る蛇たちにネット上では、「アオダはわかるけど、ガラガお前も喋るんかい!」「ガラガが喋ると、少し緊迫感が減るねwww」「蛇が普通に話しかけてきたらボルトじゃなくても驚くわ」「ガラガさん凄くヤンキーみたいな喋り方で草」とツッコミの声が続出している。

 ナルトシリーズでは、喋らない生き物の方が逆に珍しいのかもしれない。

■アニメ「BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS」
放送日時:毎週日曜 17:30~
放送局:テレビ東京系
原作:岸本斉史
出演:三瓶由布子、菊池こころ、木島隆一 ほか
公式サイト:http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/boruto/