「最高だった…」 『制服ぬすまれた』『ベランダは難攻不落のラ・フランス』に絶賛の声

アニメ・マンガ

2018/10/14

 漫画家・衿沢世衣子が描く『ベランダは難攻不落のラ・フランス』が2018年10月6日(土)に発売。10月10日(水)には同作者が手掛けた短編集『制服ぬすまれた』も刊行され、「10月は衿沢さん祭りだな! もちろんどちらも購入済み」「両作品とも最高だった…」と歓喜の声が続出している。

 『ベランダは難攻不落のラ・フランス』のタイトルは、短編3作品の題名を組み合わせたもの。『ベランダ』はマンションが舞台で、主人公の女性がベランダ沿いにやってくる女子小学生と交流する物語となっている。『難攻不落商店街』は再開発される商店街に、海外から帰国した青年・モスと幼馴染たちが再集合するストーリー。『ラ・フランス』では、音楽会に出演する姉と姉の秘密を知ってしまう妹が登場した。

 また同作品には、『リトロリフレクター』『夕べの音楽』などの衿沢が商業誌で発表した作品も掲載されファンは大興奮。「短編集が一冊でこんなに読めるなんて最高でしょ」「どの作品もシンプルなようで中身がぎっしり詰まってるから読み応え抜群」「全部面白かったしどれも連載できるレベルだった」「キャラクターたちを鮮明に伝えてくる表現力が素晴らしい」「衿沢さんのエッセンスが詰まってて大満足!」といった声が上がっていた。

 『制服ぬすまれた』は、日常に潜む善意と悪を描いた『ワニ蕎麦』などのサスペンス5作品で構成。さらに『増刊flowers』冬号で登場し、ユニークなタイトルが話題を呼んでいた『ハンドスピナーさとる』も含まれている。読者からは、「大人でダークな雰囲気がたまらなく良かった…」「ちょっとヒヤッとしながらも後味悪くないサスペンス感に脱帽」「何回も読んでるんだけど読むたびに鳥肌が立っちゃうんだよな」「『ベランダは難攻不落のラ・フランス』とはまた違ったテイストで衿沢さんのセンスは底なしかよ!」と好評の声が続出した。

 様々な作品を掲載しているWebサイト「マトグロッソ」では、衿沢の初期読み切り作品『鳥瞰少女』を無料公開中。こちらも是非チェックしてみては?

◆マトグロッソ公式サイト:http://matogrosso.jp/