「これは苦労しそうだぞ…」 アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」32話、まなに恋する烏天狗が話題

アニメ・マンガ

2018/11/17

 2018年11月11日(日)に、アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の第32話が放送された。水木しげるの故郷・境港の烏天狗が再登場し、「小次郎くん久しぶりー!」「やっぱり応援したくなっちゃうキャラだなぁ」と話題になっている。

 今回のエピソードでは、魔女の箒に乗りたがったまながアニエスを境港に誘い出す。2人が街の上空を飛んでいると、烏天狗・小次郎が現れた。小次郎は第17話で初登場した妖怪で、初めて会った時にまなに一目惚れ。しかし恋焦がれるあまり、修行に身が入らず長老から叱られてしまう。

 用事が出来たといって出かけていくアニエスを見送り、まなは再会した小次郎と2人で山の中へ。小次郎は良いところを見せようと天狗のうちわで風を起こし、うっかり岩の隙間に封印されていた悪魔・べリアルを開放してしまった。べリアルは烏天狗の里で大暴れし、小次郎以外の烏天狗が戦闘不能に。小次郎は大変なことをしてしまったと自分を責め、「未熟者の僕が恋にうつつを抜かすなんて」と涙を流す。

 そんな小次郎の様子を見たまなは、「恋することに間違いなんかないよ!」と彼の恋を肯定。恋にはすごいパワーがあると説得し、小次郎を奮い立たせた。やる気に満ち溢れた小次郎は、べリアルが生み出した怪物の急所を見抜いて撃退。駆け付けた鬼太郎と協力し、べリアルを追い払うことに成功する。

 荒らされてしまった烏天狗の里は、アニエスの魔法で復活。長老やほかの烏天狗も元気になり、長老は「おぬしの恋の力、認めよう」と小次郎に声をかけた。長老の言葉を聞いたまなは、小次郎の手を握って「私も応援してる!」と一言。恋の相手がまなだと言い出せない小次郎は赤面したままうつむいてしまい、視聴者からは「まなちゃん鈍感だった!」「これは小次郎くん苦労しそうだぞ」「せっかくまなのために頑張ったのにね(笑)」と爆笑の声が上がっている。

 まなはアニエスや小次郎など、妖怪の心を掴むのが上手い様子。若い烏天狗の恋が実る日は来るのだろうか。

■アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」
放送日時:毎週日曜 9:00~
原作:水木しげる
キャラクターデザイン・総作画監督:清水空翔
公式サイト:http://www.toei-anim.co.jp/kitaro/