「これがチームの絆ってやつだよね!」 ピンチに立ち向かう女子チームの作戦に感動の声【アニメ「BORUTO」102話】

マンガ・アニメ

2019/4/20

img01
『BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS』7巻(原作・監修:岸本斉史、漫画:池本幹雄、脚本:小太刀右京/集英社)

 2019年4月14日(日)に、アニメ『BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS』の第102話が放送された。ピンチに陥った女子忍者たちがチャクラを分け合って敵に挑み、「女同士の友情が超カッコいい!」「どんな作戦よりも仲間の絆を感じる」と話題になっている。

 ある村で鳥が凶暴化する事件を追っていたボルトたちは、生物の闘争本能を活性化させる力“呪印”と遭遇。呪印に蝕まれた青年・重吾と共に鳥たちを助け出していたが、川の国の調査団を名乗る集団が重吾を捕らえてしまう。ボルトは大蛇丸のもとから重吾を迎えに来た水月と重吾救出に向かうが、味方だったはずの鳥学者・トサカの裏切りで動きを封じる薬を注射されてしまった。

 ボルトのために陽動作戦に出たサラダは、水月の仲間・香燐と共に呪印を操る謎の少女・ササミをおびき出す。ササミは容赦なく2人を攻撃してくるが、戦い続けるサラダのチャクラは限界に近い。香燐はサラダの怪力をフルパワーで発揮するため、自分を噛んでチャクラを吸い取って欲しいと提案する。初めは躊躇していたサラダだったが、意を決してチャクラを受け取ることに。その力でササミに強力なパンチを繰り出し、大きなダメージを喰らわせた。

 スミレは呪印に侵されていたワサビとなみだを救い出すものの、3人の前にはササミの兄らしき少年・モモの姿が。モモの攻撃からワサビとなみだを守るため、スミレは口寄せ獣の鵺を召喚する。ところが鵺のチャクラもかなり減っており、子犬のように小さな状態でしかいられない様子。見かねたワサビとなみだは、自分のチャクラを鵺に分けると言いだした。2人のチャクラを吸収して回復した鵺は、モモをあっという間に撃破。3人は無事にモモから逃げ出すことに成功する。

 仲間にチャクラを託した香燐やワサビの行動には、「チャクラさえあれば倒してくれるっていう信頼がアツい」「これがチームの絆ってやつだよね!」「みんなの力を1人が受け取るってめっちゃ燃える展開」と感動の声が続出。女子チームの絆を感じられるエピソードとなった。

■アニメ「BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS」
放送日時:毎週日曜 17:30~
放送局:テレビ東京系
原作:岸本斉史
出演:三瓶由布子、菊池こころ、木島隆一 ほか
公式サイト:http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/boruto/