「あっという間の救出劇だった」 コナンの大ピンチを救った女性陣の活躍が話題【アニメ「名探偵コナン」940話】

マンガ・アニメ

2019/5/17

img01
『名探偵コナン』96巻(青山剛昌/小学館)

 2019年5月11日(土)に放送されたアニメ『名探偵コナン』第940話。コナンのピンチを救うため蘭と事件関係者が鮮やかな連携プレーを見せ、「レスキュー隊並みの活躍」「女性陣がめちゃくちゃ頼もしい」と話題になった。

 今回、小五郎のもとに舞い込んだのは、真面目そうな青年・成瀬純の恋人である水沼果帆の行方不明事件。果帆は数日前から行方をくらませていたが、ある橋の上で果帆のものと思われる靴と身分証が見つかる。警察が捜査していると、大学生の潮哲也が飛び降りる瞬間を見たと証言。スマホで動画も撮影しており、そこには長い髪の女性が欄干から身を投げる瞬間がはっきりと映っていた。

 果帆を橋まで送り届けたというタクシー運転手・大原マキも現れ、彼女が3時ごろに橋についたことが明らかに。しかし飛び降りた時間までは2時間ほどの差があり、コナンは違和感を覚える。果帆の自宅は、3カ月前に女子大生殺人事件があった現場の近く。現場周辺のコンビニには、腕にタトゥーが入った長髪の男が容疑者として掲示されていた。

 コンビニで何かに気づいたコナンは、橋に戻って欄干を観察。小五郎と高木刑事も後を追ってくるが、高木刑事が段差につまづいてコナンが欄干の外に放り出されてしまう。川に流されるコナンを見て、大原も迷わず川の中へ。蘭も近くに張られていた立ち入り禁止のベルトを川に投げ、コナンは無事に救出された。

 2人の素早い行動には、「判断力とチームワークが抜群」「このおばさん泳ぎ上手いな!」「あっという間の救出劇だった」と驚きの声が。「ごめんね、コナンくん」と軽く謝る高木刑事には、「結構大変な事故だったぞ!」「謝罪が軽すぎる(笑)」とツッコミの声も上がっている。

 落ちたことをきっかけに手がかりをつかんだコナンは、哲也の動画に写っていた果帆は偽物だったのではないかと指摘。背格好が似ている大原が、果帆を死んだことにするためわざと人前で身を投げたのだ。果帆は女子大生殺人事件の犯人につきまとわれており、恋人と名乗っていた成瀬こそがその犯人だった。

 ピンチに直面しても事件のヒントを見逃さなかったコナン。この執念も名探偵に必要な要素なのだろう。

■アニメ「名探偵コナン」
放送日時:毎週土曜 18:00~
原作:青山剛昌
監督:山本泰一郎
公式サイト:http://www.ytv.co.jp/conan/