「原作から抜け出てきたみたい!」 ドラマ『きのう何食べた?』第6話で登場した“リアルジルベール”に反響続出!

エンタメ

2019/5/17

img01
『きのう何食べた?』15巻(よしながふみ/講談社)

 2019年5月10日(金)に、よしながふみの同名漫画を原作としたドラマ『きのう何食べた?』第6話が放送。小日向大策の恋人“ジルベール”役の磯村勇斗に、ファンから「原作から抜け出てきたみたい!」といった声が続出中だ。

 同ドラマは、雇われ弁護士の史朗(西島秀俊)こと“シロさん”と美容師の“ケンジ”(内野聖陽)のほろ苦くもあたたかい毎日と食卓を描いた物語だ。第4話はゲイである小日向(山本耕史)からの頻繁な食事の誘いに困惑するシロさんの姿からスタート。そんな中、シロさんが勤める弁護士事務所に若い女性の司法修習生が来ることに。シロさんが指導すると聞いたケンジは、シロさんが修習生に迫られるのではないかとモヤモヤを感じる。

 事務所に来た修習生・長森夕未(真魚)は、笑顔が可愛い感じのいい子。しかし気を回しすぎた結果、「彼氏いるの?」と質問して引かれてしまう。また小日向との食事では恋人である航の愚痴を聞かされ、誘われているのではないかと感じるシロさん。その直後恋人を会わせたかったと航を紹介され、自分が勘違いしていたと気づく。そんなシロさんに視聴者からは「シロさんの自意識過剰っぷりに笑っちゃった」「小日向さんのことを『わりとタイプ』って言っちゃうシロさんが面白い!」といった声が。

 さらに今まで絶世の美少年である“ジルベール”に例えられていた航だが、実際に会ってみると30歳の髭を生やした普通の男性。手に針を持ったねずみのTシャツを着た航に、視聴者は「航も原作通りだwww」「航のよくわかんないダサTのクオリティが高くてなんか嬉しい!」「リアルジルベール航、天使だった…」と大喜び。

 第7話ではシロさんとケンジが、小日向&航カップルと2対2で食事をすることに。初めてシロさんの友人と食事をしたケンジは、いつになく上機嫌。翌日風邪で寝込んだシロさんの世話も楽し気にするのだが、ケンジの手際の悪さにシロさんは気が気ではない。次回はいったいどんな日常を見せてくれるのだろう。

■ドラマ「きのう何食べた?」
原作:よしながふみ
監督:中江和仁、野尻克己、片桐健滋
出演:西島秀俊、内野聖陽 ほか
公式サイト:https://www.tv-tokyo.co.jp/kinounanitabeta/