「いくらなんでも強すぎない!?」 アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」第57話、霊毛ちゃんちゃんこの底力に驚きの声続出

マンガ・アニメ

2019/6/1

img01
『ゲゲゲの鬼太郎 妖怪ファイル』(水木しげる/講談社)

 2019年5月26日(日)に、アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の第57話が放送された。鬼太郎がいつも着ている“霊毛ちゃんちゃんこ”が意外な活躍を見せ、「いくらなんでも強すぎない!?」「どこまでも追いかけてくるの完全にホラー」と話題になっている。

 今回鬼太郎の元に舞い込んできたのは、生き血を抜かれて死亡する人が多発している「ドラキュラ事件」の話。事件を追う鬼太郎は、少年の姿をした吸血鬼のラ・セーヌと手下の大男・マンモスに遭遇した。ラ・セーヌはマンモスと手を組んで鬼太郎を結界に閉じ込め、地中深くに埋めて封印。しかし結界の外に残された霊毛ちゃんちゃんこが、ラ・セーヌを追いかけて執拗に攻撃を繰り返した。

 ラ・セーヌはちゃんちゃんこをチェーンソーやガスバーナーで処分しようとするが、どの方法も全く効果がない。しびれを切らしたラ・セーヌはちゃんちゃんこを金庫に閉じ込め、海の底へ沈める作戦に出る。小さな結界に封印した鬼太郎も地中から掘り出し、結界ごとハンマーで破壊。安心して再び人を襲おうとすると、自力で金庫から脱出したちゃんちゃんこが再びラ・セーヌを妨害した。

 ちゃんちゃんこを恐れたラ・セーヌは見つからないよう隠れ家に逃げるが、油断した途端窓の外にちゃんちゃんこが登場。執念深いちゃんちゃんこの追跡には、「ガチでホラーじゃねぇか」「これはさすがに怖い」「ちゃんちゃんこ不死身すぎるだろ」と視聴者からも恐怖の声が続出している。ちゃんちゃんこを追い払おうと必死になるラ・セーヌは、誤って家を全焼させてしまう。

 命からがら抜け出したラ・セーヌの前には、結界ごと破壊されたはずの鬼太郎の姿が。実はまなが鬼太郎を掘り出して、偽物の結界とすり替えていたのだ。鬼太郎は観念したラ・セーヌを見逃そうとするが、そこへ妖怪を憎む少年・石動零が参戦。無慈悲にラ・セーヌを攻撃し、彼の力を自分に取り込んだ。

 ちゃんちゃんこの底力が発揮された今回のエピソード。これからも鬼太郎の強い味方として活躍してほしい。

■アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」
放送日時:毎週日曜 9:00~
原作:水木しげる
キャラクターデザイン・総作画監督:清水空翔
公式サイト:http://www.toei-anim.co.jp/kitaro/