「あんな苦しい『びた一文』聞いたことない」 ドラマ「きのう何食べた?」第8話に視聴者号泣

エンタメ

2019/5/31

img01
『きのう何食べた?』15巻(よしながふみ/講談社)

 2019年5月24日(金)に、よしながふみの同名漫画を原作としたドラマ「きのう何食べた?」第8話が放送。視聴者から「胸が締めつけられる」「演技がすごすぎて号泣してしまった」といった声が続出中だ。

 同ドラマは、弁護士の史朗(西島秀俊)こと“シロさん”と美容師の“ケンジ”(内野聖陽)のほろ苦くもあたたかい毎日と食卓を描いた物語。第8話でケンジとシロさんは、ケンジの友人である長島義之(正名僕蔵)と本田鉄郎(菅原大吉)の同性カップルとレストランに。しかし店内の客が自分たちに違和感を感じているのを察知したシロさんは、初対面の2人を冷たくあしらってしまう。

 しかし翌日、どうしてもシロさんに相談したいことがあるという2人が家に訪ねてくる。オーガニック食材にこだわっているという2人に夕飯を作ることになり、緊張するシロさん。そんなシロさんに鉄郎こと“テツさん”は、パートナーである義之こと“ヨシくん”に自分の全財産を譲りたいと考えていることを明かす。

「僕が歯を食いしばって貯めた金を、田舎の両親に“びた一文”渡したくない」と、どもりながらも伝えるテツさん。シロさんの弁護士事務所で相談させてほしいというテツさんに、シロさんは「事務所にいらしてください」と力強く請け負うのだった。

 言葉を詰まらせながら自身の想いを語るテツさんに、視聴者からは「あんな苦しい『びた一文』聞いたことない」「原作でも胸打つシーンだけど、映像になったことでさらにぐっと来た」と感動の声が。テツさんとヨシくんを演じる菅原と正名の演技にも、「こちらの想像を超えて余りあるヨシくんとテツさんだった」「震えながらしゃべるテツさんの演技が素晴らしい」と絶賛が相次いでいる。

 第9話では、シロさんが同期の結婚パーティーに出席。イケメンで弁護士のシロさんは、周囲の女性たちから猛アピールを受ける。その頃ケンジは美容室店長の三宅祐(マキタスポーツ)から、娘に浮気現場を見られたと相談されていた。平和な日常のために、2人はいったいどんな選択をするのだろう。

■ドラマ「きのう何食べた?」
原作:よしながふみ
監督:中江和仁、野尻克己、片桐健滋
出演:西島秀俊、内野聖陽 ほか
公式サイト:https://www.tv-tokyo.co.jp/kinounanitabeta/