「面白い漫画がまた1つ終わってしまった」 グルメバトル漫画『食戟のソーマ』がついに完結!

マンガ・アニメ

2019/6/19


 グルメ漫画『食戟のソーマ』が、2019年6月17日(月)発売の『週刊少年ジャンプ』29号にて完結。アニメ第4期や特別編の連載も発表され、ファンから「良い最終回だった…」「やっぱり創真とえりなはこうでなきゃね!」といった声が上がっている。

 原作・附田祐斗、作画・佐伯俊、協力・森崎友紀による同作は、実家が定食屋を営む中学生・創真の成長を描いたグルメバトル漫画。2012年から連載がスタートし、第3期までアニメ化されるなど人気作に。食事をした際に服が脱げる特徴的な描写で、ファンから「美味しいもの食べると服が脱げるって設定、最初マジでびっくりしたけど今はこれがないとって感じ」「服が脱げるシーンなのに、めちゃくちゃ飯がうまそうなのが伝わってくるんだよな」と人気を博した。

 最終回となる315話では、ヒロインのえりなに食事を出す創真の姿が。これまで互いに影響しあってきた2人の姿に、ファンは「最後の2人、まじでよかった!!」「やっぱりえりな様は最高です」「2人の絆は特別だよね」と大喜びのよう。「面白い漫画がまた1つ終わってしまった」「読切のときから追っかけてた作品だから寂しい」と、最終回を惜しむ声も多数上がっている。

 また6月27日(木)から3カ月連続で刊行される『少年ジャンプGIGA 2019 SUMMER』では、本編のその後が楽しめる特別編の連載も明らかに。フランス語でデザートを指す「Le dessert(ル デセール)」というサブタイトルがついた特別編では、“あの人物”たちの過去や創真たちの未来が描かれる。

 さらに2019年10月からは、アニメ第4期「食戟のソーマ 神ノ皿(しんのさら)」の放送が決定。アニメ公式サイトでは制作決定PVも公開されており、ファンは「漫画が完結はすごく寂しいけどアニメがあると思うと頑張れる!」「かっこいいソーマくんにまた会えるなんてうれしい」と大興奮のようだ。

 原作を担当する附田は本誌ラストで「315週分、創真たちと歩けて幸せでした!」とコメント。創真とえりながどのようなラストを迎えたのか、気になる人はぜひ本誌をチェックしてほしい。

■アニメ「食戟のソーマ 神ノ皿」
原作:附田祐斗・佐伯俊
協力:森崎友紀
監督:米たにヨシトモ
出演:松岡禎丞、金元寿子、高橋未奈美、石田彰 ほか
公式サイト:http://shokugekinosoma.com/4thplate/

img01
『週刊少年ジャンプ』29号(集英社)