「この組み合わせは可愛すぎ!」『サンデー』31号、ハロプロの“ミニっ娘。”4人組グラビアに歓喜の声続出!

エンタメ

2019/7/4

img01
『週刊少年サンデー』31号(小学館)

 2019年7月3日(水)発売の『週刊少年サンデー』31号では、表紙&巻頭グラビアにハロー! プロジェクトの森戸知沙希、横山玲奈、上國料萌衣、船木結が登場。ハロプロ内でもミニサイズな4人が集合し、「この組み合わせは可愛すぎ!」と話題になっている。

 今回登場した4人は、モーニング娘。’19、アンジュルム、カントリー・ガールズの3チームから選ばれたメンバー。一番小さい船木が147.6センチ、一番大きい横山でも152.7センチという可愛らしいサイズ感だが、表紙では身長に負けない元気な笑顔を見せた。グラビアページのテーマは、“チア部の先輩後輩”。夏本番を迎える前の決起大会というシチュエーションになっている。

 赤いスカートのチア衣装に身を包んだ4人は、ポンポンを持ってキュートに決めポーズ。「先輩、全然なまってないですね」「案外跳べてたでしょ!」といったセリフも添えられ、大会に向けて仲良く練習中といった雰囲気だ。制服のような青い衣装を着ているカットでは、4人並んでジャンプしている姿が。読者からは「さすがハロメンって感じのジャンプ力!」「小さい子たちが元気にはしゃいでるところが愛くるしい」「アイドルオーラならだれにも負けない4人だね」と好評の声が相次いでいる。

 2人組に分かれたペアショットもあり、同じカントリー・ガールズの森戸と船木は水着姿をお披露目。手をつないだり肩を寄せ合って、親密な距離感を見せた。一方横山と上國料は、キャミソールにショートパンツを合わせたスタイルで登場。どこかアンニュイなムードも漂う大人のグラビアが楽しめる。

 グラビアページ後半にはトークコーナーもあり、4人が撮影の感想をコメント。このメンバーで仕事をするのは初めてだそうで、上國料は「記念な1日になった気がします。サンデーさん、貴重な思い出をありがとうございます!」と感謝を述べた。トークの続きは『サンデー』公式サイト「WEBサンデー」で公開中。4人の仲の良さが詰まったトークになっているので、こちらもチェックしてみよう。

◆「WEBサンデー」:https://websunday.net/