不審なゴミ、せつないゴミ、とりわけとんでもないゴミは? 『ゴミ清掃員の日常』つぶやき編②

マンガ・アニメ

2019/7/11

ゴミ清掃員の日常

売れない芸人・マシンガンズの滝沢秀一は、家族を養うためにゴミ清掃員に…。
ゴミ回収からは、フィクションを超えるとんでもない「ひとびとの生活」が見えてくる!?
あなたが知らなかったゴミの「新常識」から、働くことを通じて見つけたホロっとくるかけがえのない出来事まで。
滝沢秀一がストーリーを、妻である滝沢友紀がマンガとして作画。Twitterでもバズった夫婦共作の異色コミックエッセイが、ダ・ヴィンチニュースで特装開店!

『ゴミ清掃員の日常』電子版には限定特典として「ゴミ清掃員のつぶやき」が170も収録。1分で読めて、明日のゴミ出しからすぐに役立つ耳寄り情報から、ゴミ清掃員しか知らないムフフな情報まで。盛りだくさんの内容から選りすぐりをピックアップしてテーマ別にご紹介します!

『ゴミ清掃員の日常』(滝沢秀一:原作・構成、滝沢友紀:まんが/講談社)

■ゴミ清掃員のつぶやき②【とんでもないゴミを捨てる人の素顔編】

 ゴミ袋を見ればその人の生活や素性が分かる、というのがプロのゴミ清掃員。でもなかには「?」と首をかしげてしまうような得体の知れないゴミや、笑ってしまうようなゴミ出しをする人も。くれぐれも真似してはいけない、ちょっと困った人(とゴミ)を見てみると――。