「キャラデザがめっちゃ可愛い!」 アニメ「私、能力は平均値でって言ったよね!」ティザーPV&メインキャスト解禁

マンガ・アニメ

2019/8/11

img01
『私、能力は平均値でって言ったよね!』11巻(著:FUNA、イラスト:亜方逸樹/アース・スター エンターテイメント)

 ライトノベルを原作としたアニメ「私、能力は平均値でって言ったよね!」のメインキャスト及びティザーPVが公開。和氣あず未が演じる主人公・マイルのボイスに、「これは大当たりの予感がする!」「まさに理想のマイルちゃんだ」と歓喜の声が相次いでいる。

 同作は、投稿サイト「小説家になろう」から生まれた異世界転生ファンタジー。とある事故で死んだ少女が、剣と魔法の世界で“平凡な女の子”として生きることを目指す物語だ。転生前の彼女は、栗原海里という名前の日本人。人より能力が優れていた海里は、そのせいで思い通りの人生を生きられなかったことを後悔している。そこで死後の世界で出会った神様に、次の人生は平均的な能力がいいと懇願。しかしいざ生まれ変わってみると、思いもよらない人生が待っていた――。

 アニメでは主人公となるマイルを和氣が演じ、ツンデレな魔術師・レーナ役の徳井青空、美男子のような女性剣士・メーヴィス役の内村史子、おっとり系魔術師・ポーリン役の田澤茉純の出演も決定。ティザーPVではマイルが新天地での新たな人生に期待を膨らませる姿や、「普通の幸せ、手に入るのかな…」と嘆く姿が映し出されている。

 PVを見たファンからは、「キャラデザがめっちゃ可愛い!」「ずっと読んでた作品がこうしてアニメになると感動する」「これは平均以上のアニメになるな」と期待の声が続出。監督は「ゆるゆり」「干物妹! うまるちゃん」などの太田雅彦が手がけることも明らかになった。

 公式サイトではアニメ化を記念し、原作者・FUNAと縁のある作家からのリレーコメント企画を掲載。『人狼への転生、魔王の副官』の漂月、『転生した大聖女は、聖女であることをひた隠す』の十夜、『おっさんがびじょ。』の山田まるなど人気作家からのメッセージも寄せられている。

 アニメの放送は、2019年10月から。7月16日(火)には単行本の最新11巻が発売されているので、アニメの続報を待ちながら原作もチェックしておこう。

■アニメ「私、能力は平均値でって言ったよね!」
原作:FUNA
監督:太田雅彦
出演:和氣あず未、徳井青空、内村史子、田澤茉純 ほか
公式サイト:https://noukin-anime.com/