「解決編が待ち遠しい」 コナンと安室のタッグに期待の声続出!【アニメ「名探偵コナン」952話】

マンガ・アニメ

2019/9/6

img01
『名探偵コナン』96巻(青山剛昌/小学館)

 2019年8月31日(土)に放送されたアニメ「名探偵コナン」第952話。今回はコナンと安室透が2人一緒に脅迫事件に巻き込まれ、「2人の推理対決が見られるかも!?」「解決編が待ち遠しい」と注目を集めている。

 事件の発端となるのは、小五郎が受けた資産家・諸岡郡蔵からの依頼。小五郎は諸岡の呼び出しを受け、蘭やコナンを連れて出かけようとしていた。そこへ安室が差し入れを持って現れ、彼も小五郎の弟子として同行することに。

 4人がやってきたのは、諸岡行きつけのバニーガールクラブ「黒ウサギ亭」。諸岡はそこで、「命が惜しくば、黒ウサギ亭に近づくな」と書かれた脅迫状を小五郎に見せる。依頼の内容は、この店にいるであろう脅迫状の差出人を探してほしいという内容。小五郎や安室はそれとなく店内の観察を始めた。

 その後諸岡はお気に入りの女の子・朝倉有里を指名し、ほかのバニーガールにも好きなものを注文していいと宣言。しかし盛り上がる店内では、いくつかトラブルが発生。諸岡が執事・深町惇史の眼鏡を踏んでしまい、有里が同じバニーガールの村上紗菜にカフスを汚されてしまっていた。

 諸岡は替えの眼鏡を車に取りに行き、有里もいったんフロアを抜けて更衣室へ。2人が戻ってから有里は諸岡のテーブルに置いていた自分のお酒を飲んだのだが、その直後に苦しみながら倒れてしまう。

 駆けつけた警察によると、グラスの中にヒ素が混入されていた様子。コナンと安室は、それぞれ状況を整理して推理を始める。諸岡は自分が殺害されるはずだったのではと言い出すが、彼のグラスと有里のグラスを間違えたというのは考えにくい状況。有里のグラスに毒を入れることができたのは、諸岡、紗菜、深町の3人に絞られた。

 コナンと安室は、今のところあまり互いを信頼してはいない様子。そんな2人が事件に直面したとあって、視聴者からは「2人で犯人を追いつめる展開かな」「コナンと安室の推理楽しみすぎる」「どっちが早く犯人に辿りつけるんだろう…!」と期待の声が寄せられているようだ。果たして有里に毒を盛ったのは誰なのか、次回の謎解きから目が離せない。

■アニメ「名探偵コナン」
放送日時:毎週土曜 18:00~
原作:青山剛昌
監督:山本泰一郎
公式サイト:http://www.ytv.co.jp/conan/