「熱さの自己最高記録を更新した」 大盛り上がりの『ハイキュー!!』最新話にファン大興奮

マンガ・アニメ

2019/9/11

img01
『週刊少年ジャンプ』41号(集英社)

 2019年9月9日(月)発売の『週刊少年ジャンプ』41号では、『ハイキュー!!』第364話が掲載。そのラストシーンにファンから「全く予想してなかった事態!」「まじで心臓に悪い…」と驚きの声が続出中だ。

 同作は、バレーボールにかける熱い青春を描いた熱血スポ根漫画。背の低いスパイカー・日向翔陽を中心に、烏野高校男子バレー部の活躍を描いている。

 本誌では現在、主人公・日向の所属する烏野高校と鴎台高校による春高バレー準々決勝の真っ最中。拮抗する試合展開に、日向はわくわくする気持ちが抑えられない。日向と同じ背の小さなスパイカー・星海の存在や同じチームのライバル・月島の活躍を受け、試合は大盛り上がりを見せていた。ネット上でも熱い試合に「選手1人1人の呼吸が伝わってくるような臨場感」「今週のハイキューはどう考えても熱さの自己最高記録を更新したでしょ」「ツッキーの真正面勝負にうるっと来た」「今週のアンケートはハイキューが1位です」といった声が。

 本誌ラストでは見事なアタックを決めた日向が、差し出された手をつかめずそのまま倒れこんでしまう。「あれっ」と驚いたような声をあげて倒れる日向の姿に、ファンは「ついに恐れていたことが起きてしまった」「日向はいったいどうなるの? 不安すぎる」と驚愕。「陽は昇る、そして―」というアオリ文には、「もしかして“陽は落ちる”?」「陽は落ちるけど、月が昇る可能性も…! 次回はツッキーのターンになるかも」といった考察も寄せられていた。

 9月4日(水)には最新39巻&小説版『ハイキュー!! ショーセツバン!!』11巻も発売。『ショーセツバン!!』11巻は、部活引退をかけた大会に挑む3年生たちの姿を描いたものに。最後の大会を前に3年生がどのような想いを抱いていたのか。「春高バレー」本戦を描いた原作漫画に加えて、こちらもチェックだ。

img02
『ハイキュー!! ショーセツバン!!』11巻(著:星希代子、原作:古舘春一/集英社)

img03
『ハイキュー!!』39巻(古舘春一/集英社)