好きになってもいい人とダメな人の見分け方を教えてよ/『「運命の恋」のはずなのに、どうして私の彼氏じゃないんだろう』①

小説・エッセイ

2019/9/24

『「運命の恋」のはずなのに、どうして私の彼氏じゃないんだろう』(もちこ/KADOKAWA)

 好きな男と音信不通になったパニックからTwitterを始め、「こんなに彼氏のこと大好きなのになんで彼氏いないんだろう~」という、失恋に対するひらきなおりのようなキラーワードとともに、愛されたい欲求や理想の恋について呟いてきた、もちこ(@mochikodayoyo)さん。ユーモアの裏に隠されたやさしさや寂しさに、どきっとさせられるような文章を綴ります。

好きになってもいい人とダメな人の見分け方を教えてよ

 付き合うフラグびんびんだと思ってた男の子に「優しくて明るくて可愛くて、一緒にいて楽しいんだけど、彼女ではない」って言われたことがあって、「はい〜? なんで?」って思った。

 でもその反面、「いや、めっちゃわかるな、恋ってそうだよな。理解」と穏やかに塵となったの。どんなに私自身が「彼女として最適」って思ってても、相手に彼女コースから一瞬でも外されたら、一生外野。彼女になるための健気な努力も、周りからすればひたすら外野走るの速かっただけってことがよくある。

 でもそんなの気付けないし、好きになった後でそんなこと言われても、もう大好きだから「近くにいれたらそれでいいや」って謎に良い子になろうとしたり、「彼女って別れたらそれまでだけど、女友達って終わりがないから、むしろ最強のポジション手に入れちゃったかも」っていう虚しすぎるポジティブ発揮しちゃって、苦しくて報われない片思いが始まる。

 こういう恋はスタートラインに立った時からどの道を選んでも彼女ってゴールには繋がっていなくて、もし途中で付き合えたとしてもそれはきっと情。だから結局、付き合ってからも片思い状態が続く。地獄。

 逆に私の事がとっても好きで優しくて顔もかっこよくて一緒にいて楽しいのに、「なんか彼氏としての好きではないな」って人もいて、こういう人をうまく選べなかった自分がダメな人間に思えて、幸せなカップルを見ては虚無に襲われる。

 一体誰なら好きになってよくて、誰ならダメなの? 出会った時に「僕は君を彼女として見るよ」って最初から教えてほしいし、そしたら安全に好きになれるし、そうでないなら軽率に好きにさせないでくれ。

【著者プロフィール】
もちこ
人様に笑われるような恋愛やセックスばかりしてきた、17万人以上がフォローする女子大生ツイッタラー。ライター。「彼氏がいないけど」ときめく妄想ツイートや、男性への本音ツイートが多くの反響を呼んでいる。WEB連載も多数執筆中。
Twitter:@mochikodayoyo