「これは胸アツ展開!」アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」第75話、玉藻前との戦いに駆けつけた●●に視聴者も大興奮!

マンガ・アニメ

2019/10/5

img01
『ゲゲゲの鬼太郎 妖怪ファイル』(水木しげる/講談社)

 2019年9月29日(日)に、アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」第75話が放送された。鬼太郎を助けるために西洋の魔女・アニエスや鬼童・伊吹丸といったキャラクターが集結し、「アニエスちゃん久しぶりー!」「これは胸アツ展開!」と歓喜の声が相次いでいる。

 大逆の四将最後の一人である玉藻前は、日本と地獄を同時に支配しようと目論んでいる様子。日本は玉藻前にたぶらかされた外国の軍艦に侵攻され、地獄では閻魔大王が玉藻前に喰われてしまった。鬼太郎が玉藻前の居場所を突き止めると、そこにはかなりのダメージを負った石動零の姿が。石動は玉藻前を倒す力を欲し、鬼太郎と一緒にいた一反もめんを吸収する。

 その勢いで鬼太郎の魂も取り込もうとする石動だったが、多くの妖怪を吸収しすぎたせいで体が限界に近い。観念した石動は一反もめん、砂かけばばあ、子泣きじじい、ぬりかべ、そして鵺の魂を鬼太郎に託した。

 一方ねこ娘は、まなと一緒に地獄へ行くことに。しかし国内からのルートでは玉藻前に気づかれてしまうため、魔女の姉妹・アニエスとアデルの力を借りて西洋から地獄へと忍び込む。地獄の一番底の部分で門番に会ったまなは、ここに捕らわれているはずの伊吹丸を解放してほしいと説得。伊吹丸はかりそめの自由を与えられ、石動の元へ向かう。

 伊吹丸に「うぬはまだすべての妖怪を滅すべしと思うか?」と問われた石動は、「俺にできるのはあがき続けることだけだ」と返答。その答えを受け入れた伊吹丸が、自分の力を石動に与えようと言い出した。

 仲間の魂を受け継いだ鬼太郎と伊吹丸の力を得た石動は、協力して玉藻前に攻撃。アニエスとアデルも地獄から援護し、見事玉藻前を倒すことに成功する。さまざまな妖怪の力が1つになるこの展開には、「オールスターズ戦って感じで超カッコイイ」「まさかアニエスと四将が共闘する日が来るとは」「伊吹丸と石動がシンクロした姿に感動した」と視聴者も大興奮。日本と地獄には平和が戻り、伊吹丸は石動を鍛えるために半身だけ現世にとどまることになる。

 次回からは、最終章“ぬらりひょん編”がスタート。どんな物語になるのか見逃せない。

■アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」
放送日時:毎週日曜 9:00~
原作:水木しげる
キャラクターデザイン・総作画監督:清水空翔
公式サイト:http://www.toei-anim.co.jp/kitaro/