「そんなところで“眠りの小五郎”するなよ!」危険な場所で推理を披露するコナンにツッコミ続出【アニメ「名探偵コナン」第R87話】

マンガ・アニメ

2019/11/1

img01
『名探偵コナン』96巻(青山剛昌/小学館)

 2019年10月26日(土)に、アニメ「名探偵コナン」第R87話が放送された。今回は眠りの小五郎が意外なところで推理を披露し、「見ててハラハラする」「そんなところで語らなくてもwww」とツッコミの声が相次いでいる。

 事件が起きたのは、オープンを翌日に控えた「佐伯スポーツクラブ」。開店前のモニター客として招待された小五郎、蘭、コナンの3人は、高飛び込みの選手・西条直也と競泳選手の木島久に出会った。

>>『名探偵コナン』のTVアニメが見放題! 漫画も1巻まるっと無料!【U-NEXT】

 その夜帰宅したコナンたちは、目暮警部に呼び出されて再びスポーツクラブへ。水着姿の西条が、プールで死体となって発見されたという。死因は溺死とみられ、目暮警部は向かいのマンションに住む老人の証言から高飛び込みの練習中に失敗したのではないかと推測する。

 しかしコナンは西条がつけていた耳栓が昼間見たものと違うことに気づき、さらに更衣室のロッカーからクロロホルムの匂いがする布を発見。事故ではなく殺人事件だと確信し、目撃者の老人に聞き込みを始めた。老人は電気の消えたプールで飛び込みをする人影を見ただけで、事故の瞬間は見ていないとのこと。スポーツクラブに戻ったコナンは小五郎に麻酔銃を打ち、警察や関係者の前で推理を披露する。

 コナンが小五郎を眠らせたのは、一番高い飛び込み台の上。関係者は下のプールサイドに集まったため、変声機を使うコナンもいつもより声を張っていた。この奇妙な謎解きシーンには、視聴者から「そんな危ないところで“眠りの小五郎”するなよ!」「ずっと見上げてる皆さんが大変そう」「そんな大声じゃ喋るだけで疲れるだろwww」と爆笑の声が相次いでいる。

 西条を殺した犯人は、西条から脅迫されていたという木島。木島は西条を気絶させた後、彼に成りすまして飛び込み台に立つ姿を見せていた。鮮やかに事件を解決に導いたコナンだったが、ラストシーンでは目を覚ました小五郎もろともプールに落下するというコミカルなオチが。次回はどんな場所に“眠りの小五郎”が登場するのだろうか。

■アニメ「名探偵コナン」
放送日時:毎週土曜 18:00~
原作:青山剛昌
監督:山本泰一郎
公式サイト:http://www.ytv.co.jp/conan/