「僕と2人きりでサウナにいるのはどんな気持ちですか」 ドラマ「まだ結婚できない男」第6話、阿部寛が追い続けたデビット伊東の正体が判明!?

エンタメ

2019/11/18

img01

 2019年11月12日(火)に放送されたドラマ「まだ結婚できない男」第6話では、阿部寛演じる桑野信介と因縁のブロガー“やっくん”との戦いに新たな展開が。「そう来るとは思わなかった」「案外あっさり解決したなぁ」と話題になっている。

 2006年放送のドラマ「結婚できない男」の続編として、偏屈な建築家・桑野の日常を描く同ドラマ。桑野は同じスポーツジムに通う薬丸(デビット伊東)という男が、自分の誹謗中傷をブログに書き込み続けている“やっくん”ではないかと怪しんでいた。事務所の共同経営者・村上英治(塚本高史)は、ブログの写真に写り込んでいる腕時計が手掛かりになるはずだとアドバイス。ジムで確認すると薬丸が全く同じものを身につけていたため、桑野は彼がやっくんだと確信を持つ。

 薬丸と直接話をするため、他の人がいないサウナの中で追及を始める桑野。「僕と2人きりでサウナにいるのはどんな気持ちですか」とじわじわ距離を詰めていく。その場では薬丸に逃げられてしまうが、後日ブログの件を相談していた弁護士の吉山まどか(吉田羊)からブログの持ち主を特定したという連絡が。なんとやっくんの正体は薬丸ではなく、大和貴史(相田周二)という見知らぬ青年だった。

 勘違いを恥じた桑野は、薬丸に謝罪するためジムの外で薬丸に接触。事情を知った薬丸は、「薬丸とやっくんね… そりゃ疑いますよね」と笑って桑野を許す。実は薬丸も桑野と同じ“おひとり様”で、独身男性が1人で満喫できる楽しみをブログに投稿するのが趣味。ブログをチェックした桑野は、「達人だ…」と満足げに呟いた。

 宿敵と思われた薬丸が桑野と同じタイプの男性だと分かり、視聴者からは「普通にいい人じゃないか」「とんだ災難だったね薬丸さん」「まさか同類だったなんて」と驚きの声が。中には「薬丸さんのブログ読んでみたい」「なかなか素敵な“おひとり様”ライフだった」と彼を気に入った人も多い。

 公式サイトでは本編終了後にチェインストーリーが配信されているのだが、6.5話は「薬丸さんの、華麗なる休日」というタイトル。薬丸のことをもっと知りたい人は、こちらもチェックしてみては?

■ドラマ「まだ結婚できない男」
演出:三宅喜重、小松隆志、植田尚
脚本:尾崎将也
出演:阿部寛、吉田羊、深川麻衣、塚本高史、咲妃みゆ、稲森いずみ、草笛光子 ほか
公式サイト:https://www.ktv.jp/kekkondekinaiotoko/index.html