「こんなにピュアなカップル他にいない」キングとディアンヌのキスシーンに視聴者大興奮!【アニメ「七つの大罪 神々の逆鱗」第7話】

マンガ・アニメ

2019/11/26

img01
『七つの大罪』39巻(鈴木央/講談社)

 2019年11月20日(水)放送のアニメ「七つの大罪 神々の逆鱗」第7話では、キングとディアンヌのキスシーンが登場。種族を超えて結ばれた2人に、「胸キュンが止まらない」「想いが通じて良かったね!」と祝福の声が相次いでいる。

 十戒・グロキシニアから課せられた試練をクリアし、元の世界に帰還したキング。一方ディアンヌは、未だ巨人王・ドロールとして3,000年前のブリタニアにいた。その頃のブリタニアは全ての種族を巻き込んだ聖戦の真っ只中で、魔界の牢獄から抜け出したゴウセルは聖戦を止めると宣言。ディアンヌが彼の身を案じていると、そこに“処刑人”と呼ばれる男・ゼルドリスが現れる。

>>『七つの大罪』のTVアニメが見放題!漫画も1巻まるっと無料!【U-NEXT】

 ディアンヌはゴウセルをゼルドリスから守るため、巨人王の力を駆使して攻撃。しかしゼルドリスはディアンヌの魔力を封じ、「ここで死ぬか、我ら十戒の仲間となるか」と2択を迫った。

 本物のドロールはここで十戒となることを選んだのだが、別の道を選ばなければディアンヌは元の世界に戻ることができない。元の世界でその事実を知ったキングは、どちらを選んでもディアンヌが帰ってこられないことに気づいてしまう。眠っているディアンヌに向かって、「ダメだよディアンヌ。選んじゃダメだ!」と必死で叫ぶキング。するとディアンヌは「はーい!」と元気よく目を覚まし、“逃げる”という第3の選択をしたことを打ち明けた。

 涙を流して無事を喜ぶキングを、そっと抱き上げて口づけするディアンヌ。その後「ボクはね、キングが今までもこれからも、ずっと大好きだよ」と想いを告白し、キングも「君をずっと好きでいるし、そばにいるよ」と応えた。

 2人のキスシーンに、「可愛すぎて叫びそうになった」「こんなにピュアなカップル他にいない」「2人のイチャイチャが最高に癒し」と視聴者も大興奮。十戒からの試練をクリアした2人は、仲間たちが待つリオネスへと帰っていく。

 リオネスでは“七つの大罪”が全員集結し、ゴウセルの心を巡って新たな冒険へ。果たして7人のいく先には何が待ち受けているのか、次回も楽しみだ。

■アニメ「七つの大罪 神々の逆鱗」
放送日時:毎週水曜17:55~
原作:鈴木央
監督:西澤晋
出演:梶裕貴、雨宮天、久野美咲 ほか
公式サイト:https://www.7-taizai.net/