「みんな無責任すぎるwww」 遺体に適当な偽装工作を施した容疑者たちに視聴者大爆笑【アニメ「名探偵コナン」第961話】

マンガ・アニメ

2019/12/6

『名探偵コナン』96巻(青山剛昌/小学館)

 2019年11月30日(土)放送のアニメ「名探偵コナン」第961話に、奇妙な状態で発見された遺体が登場。「こんなに様子のおかしい死体は初めて見た」「死んでるのに悲鳴より先に笑っちゃいそう」と話題になっている。

 今回コナンは、園子と蘭に連れられて気軽にキャンプを楽しめるグランピング場へ。昼間はアスレチックや川遊びを満喫し、夜は蘭が作ったクッキーを食べながらのんびり過ごしていた。しかし突然従業員の悲鳴が聞こえ、駆けつけてみると路上に放置された男性の死体が。男性は口にカニを突っ込まれ、顔に落書き、手にメモを握った状態で絶命している。

>>『名探偵コナン』のTVアニメが見放題! 漫画も1巻まるっと無料!【U-NEXT】

 男性はとある会社の社長・戸崎敬大で、グランピング場には妻の戸崎響子やメイクアップアーティストの三浦美香と共に来ていたよう。昼間は現地で合流したシェフの田辺博と共に、4人でバーベキューを楽しんでいた。現場には響子、美香、博も現れるが、なぜか揃って微妙な表情。怪訝に思ったコナンが話を聞いてみると、3人とも従業員より先に遺体を見つけていたと告白する。

 最初に戸崎が死んでいるのを見つけた響子は、このままでは自分が犯人にされると思い偽装を決意。博の料理でカニアレルギーを起こしたことにするため、カニを口に入れて博の部屋に放置した。ところがその博も遺体発見を誰にも知らせず、メイクを施して美香の仕業に見せかける。

 美香は「こういう事件ってだいたい奥さんが犯人だから」という安易な発想で、「犯人は嫁」と書いたメモを握らせたと証言。死体を響子の部屋に運ぶ途中で、疲れて路上に放置してしまった。

 容疑者たちの雑な偽装工作には、視聴者も「みんな無責任すぎるwww」「誰も悲しんでなくて可哀想」「この適当さでよくごまかせると思ったな」と大爆笑。偽装を告白した3人が揉め始めるのを見て、コナンたちも完全に呆れている。

 捜査を進めていくうちに、戸崎を殺したのは美香だと発覚。響子と博は容疑が晴れたと思って安堵していたが、2人揃って死体遺棄の容疑で連行された。思いがけず複雑な経緯をたどった遺体だったが、容疑者が間抜けなおかげで迷宮入りせずに済んだのかもしれない。

■アニメ「名探偵コナン」
放送日時:毎週土曜 18:00~
原作:青山剛昌
監督:山本泰一郎
公式サイト:http://www.ytv.co.jp/conan/