「あのジャックと互角ってヤバくない!?」頭山盗賊団棟梁・酒天丸が強すぎると話題【アニメ「ONE PIECE」912話】

マンガ・アニメ

2019/12/7

『ONE PIECE』94巻(尾田栄一郎/集英社)

 2019年12月1日(日)に放送された、アニメ「ONE PIECE」の第912話。新たに登場した頭山盗賊団の棟梁・酒天丸が、「見た目からは想像できない強さ」「あのジャックと互角ってヤバくない!?」と話題になっていた。

 カイドウとオロチの2人を倒すため、ワノ国に潜入して戦力を集めているウソップ。任務の中で“酒天丸”という男の情報を掴み、ロビンやフランキーに報告する。ちょうどその頃、おこぼれ町に盗賊団が襲来。盗賊団を率いるピンク髪の大男こそ、ウソップが「いま生きている中で最強の呼び声高い名前」と語った酒天丸だった。

>>『ONE PIECE』の劇場版が見放題! TVアニメや漫画も配信中!【U-NEXT】

 酒天丸は町の人々から食料を奪い、老人相手でも容赦なく刀を向ける。しかしそこに百獣海賊団の大看板・ジャックが現れ、「この辺に麦わらのルフィという海賊が来たはずだ」と質問。酒天丸は質問に答えずに刀を構え、ジャックに切りかかる。自分の武器で刀を受けようとしたジャックだったが、武器は破壊され胴体も負傷。その瞬間から2人の熾烈な戦いが始まった。

 ジャックに何度か斬りつけられた酒天丸は、「あの人が死んでからおいどんは、死に場所を求めてきた」「だが、お前ごとき下っ端に殺されるのも違う!」と叫んで反撃。酒天丸の強さに、視聴者からは「急に俊敏に動くからビビった」「ジャックも強いと思ってたけど酒天丸ってそれ以上なのでは」「一撃の重みが違う…!」と驚きの声が続出している。

 一方カイドウは酒を浴びるように飲み続け、「気に入らねぇ、何もかも」と不機嫌な様子。苛立ちがピークに達した時、全身が青色に変化して巨大な龍に変身する。カイドウが拠点とする島の上に暗雲が広がっていくのを見て、異変を察知するワノ国の住民たち。龍となったカイドウはおこぼれ町の上空に現れ、「おいジャック、今すぐあのガキどもを連れてこい」とジャックに命令した。

 突然現れた龍に驚くルフィに、「最悪の事態だ… あれが、カイドウだ」と告げるトラファルガー・ロー。このままカイドウとの決戦が始まってしまうのだろうか。

■アニメ「ONE PIECE」
放送日:毎週日曜 9:30~
原作:尾田栄一郎
公式サイト:https://one-piece.com/