「ここに翔陽が入るなら胸アツすぎる展開」『ジャンプ』3号『ハイキュー!!』、ラストシーンに登場した意外な2人が話題

マンガ・アニメ

2019/12/17

『週刊少年ジャンプ』3号(集英社)

 2019年12月16日(月)に『週刊少年ジャンプ』3号が発売。『ハイキュー!!』377話では日向翔陽がブラジルから日本に帰国し、「いよいよ話が動き出しそう!」「ラスト2ページの勢いがすごい」と注目を集めている。

 ビーチバレーの修行を積むため、ブラジルに来ている翔陽。翔陽は現地の選手・エイトールとペアを組み、帰国前最後の試合に臨んでいた。エイトールは翔陽の活躍を見ているうちに、「あんな風に跳ぶショーヨーに少しでもいいセットで繋ぎたい」と考えるように。トスを失敗したエイトールが「俺は肝心な時にダメな男だ…」と嘆くと、翔陽は「違うよ 肝心な時に勝負できる男だよ」と励ます。

 試合には敗退してしまったが、エイトールは恋人・ニースからプロポーズを受けて婚約。ニースから「彼はあなたと組んでからすごく楽しそうだった」と言われた翔陽は、「俺もちょー楽しかった!」と満面の笑みで返した。

 そして2018年3月、翔陽は日本へ帰ることに。空港でエイトールやニース、ルームメイトのペドロに見送られた翔陽は、「あざっした!!」と頭を下げて旅立って行く。ニースは翔陽が日本では無名選手だと知って、「“ニンジャ・ショーヨー”が無名なの!? 日本のレベルどうなってるの!?」と驚愕。エイトールは「高校出てイキナリコッチ来ちゃう奴だもん」と冷静に返し、ニースを納得させた。

 翔陽とエイトールの最後の戦いには、「負け方がすごく『ハイキュー!!』らしくてドキドキした」「日向の周りを巻き込む力はブラジルでも健在だったね!」「エイトールめっちゃいい相方だからまたいつか登場してほしい」と歓喜の声が続出している。

 翔陽は帰国後、日本のバレーボールチーム「MSBYブラックジャッカル」のトライアウトを受ける予定。今回のラストシーンでは、このチームに所属している元稲荷崎高校の宮侑と元梟谷学園高校の木兎光太郎が登場した。これには読者も「この2人がチームメイトなのか!」「ここに翔陽が入るなら胸アツすぎる展開」と大興奮。彼らは日本でどんな活躍をしているのだろうか。

img02
『ハイキュー!!』40巻(古舘春一/集英社)