「毒舌がキレッキレでワロタ」 アニメ「ちびまる子ちゃん」マイペースすぎる丸尾君が話題

アニメ

公開日:2020/1/18

『ちびまる子ちゃん』1巻(さくらももこ/集英社)

 2020年1月12日(日)放送の「ちびまる子ちゃん」では、「新年会をしよう」の巻を放送。新年を迎えても我が道をゆく丸尾君に、視聴者からは「相変わらず空気読めてない感じが丸尾君らしい」「今年もまるちゃんは丸尾君に振り回されそう」といった声が上がっている。

 酔っ払って帰宅した父・ひろしの話を聞いて、新年会に興味を持ったまる子。学校でたまちゃんと「わたしたちも新年会やらない?」と盛り上がっていたところに、「いいですね!」と割り込んできたのが丸尾君だ。「さくらさんにしてはナイスアイデアでしょう」と言う丸尾君はすっかり乗り気の様子で、誘われたわけでもないのに“学級委員”として話を進めてしまう。

 さくら家で開かれた新年会には、まる子・たまちゃん・前田さん・山田・丸尾君が参加。まる子の母・すみれが用意したクリームソーダで乾杯する流れになったものの、丸尾君の挨拶がなかなか終わらない。とうとう前田さんと山田が我慢できなくなり、「話が長いよ!」とキレた前田さんの音頭により挨拶は強制終了となる。

 百人一首を使った「坊主めくり」を楽しみ、続いて書き初めをしようと決めたまる子たち。まる子は「百点を取る」と宣言したが、丸尾君は「目標が高すぎでは? まずうっかりを直してはいかがでしょう」とズバリ容赦がない。「余計なお世話だよ!」とツッコまれた丸尾君だが、彼の掲げた目標は「学級委員せんきょ当せん」。丸尾君らしい目標に、まる子も「だと思ったよ」と漏らした。

 新年会はみんなで1本締めをしてお開きに。ゴーイング・マイ・ウェイっぷりが目立った丸尾君に、視聴者からは「大人になったら話が長くて嫌われる上司か、朝礼で貧血続出させる校長先生になりそう」「まるちゃんに対する毒舌がキレッキレでワロタ」「丸尾君はひと言多い性格を直そうね」といった反応が寄せられている。

 優等生キャラながら毒舌をまき散らした丸尾君。マイペースな性格がどんな物語を生むことになるのか、今年も注目していこう。

■「ちびまる子ちゃん」
放送日時:毎週日曜 18:00~
原作:さくらももこ
出演:TARAKO、屋良有作、一龍斎貞友、島田敏、佐々木優子、豊嶋真千子 ほか
公式サイト:http://chibimaru.tv/

この記事で紹介した書籍ほか

ちびまる子ちゃん 1 (りぼんマスコットコミックス)

著:
出版社:
集英社
発売日:
ISBN:
9784088534138