『ジャンプ』15号『鬼滅の刃』、立ち上がった善逸と伊之助にファン涙!? 「泣けて仕方がない…」

マンガ・アニメ

2020/3/10

鬼滅の刃 19 (ジャンプコミックス)

著:
出版社:
集英社
発売日:
『週刊少年ジャンプ』15号(集英社)

 2020年3月9日(月)に発売された『週刊少年ジャンプ』15号では、『鬼滅の刃』第197話「執念」を掲載。我妻善逸と嘴平伊之助が再び戦い始め、読者から「2人の成長を感じる」「今回の鬼滅はジーンときた…」「泣けて仕方がない…」などの声が上がっている。

 珠世に仕込まれた4種類の薬により、“死”が目前まで迫る鬼舞辻無惨。分裂して逃げようにも、薬の効果で分裂ができない。普段ならば全く問題にならないはずの攻撃さえ、現在の無惨にとっては有効な攻撃へと変わっていた。

 急に動きが停止した無惨に、“このままいけば勝てる”と油断する竈門炭治郎。次の瞬間、無惨は身体から激しい衝撃波を放つ。無惨の立つ地面は大きくくぼみ、身体には巨大な“口”のようなものが。近くにいた炭治郎は衝撃波をもろに受け、その場に倒れて痙攣を起こしてしまう。

 倒れる炭治郎に見向きもせず、立ち去ろうとする無惨。しかし、負傷から立ち上がった伊之助の攻撃が無惨の足を止める。伊之助は無惨に倒された仲間を思い、「(仲間の)足も手も命も全部返せ」「それができないなら 100万回死んで償え!!」と猪の被り物をつけたまま涙を流す。だが決死の攻撃もむなしく、無惨に捕まってしまった。

 伊之助を拘束する触手を、今度は善逸が切断。善逸は無惨と戦いながら、瀕死の炭治郎と伊之助に声を張り上げ励ましの言葉をかけ続ける。負傷しながらも助け合いながら戦う2人に、ネット上からは「伊之助は愛しいし、善逸はかっこよすぎる」「伊之助が仲間を返せって言うところ、正直涙が出ました」「この3人は深い絆で結ばれてるね」「本当は怖いハズなのに、仲間のために立ち向かう善逸かっこいい」「がんばれ、がんばれ!」といった声が相次いだ。

 無惨の攻撃によってボロボロになりながらも、諦めずに立ち上がる善逸と伊之助。一方そのころ、手足を失った“柱”たちが無惨の元へと向かっていた――。

 戦いの果てに立っているのは果たして鬼殺隊か、それとも…。波乱の予感がする次号も見逃せない。

img02.jpg
『鬼滅の刃』19巻(吾峠呼世晴/集英社)

この記事で紹介した書籍ほか

鬼滅の刃 19 (ジャンプコミックス)

著:
出版社:
集英社
発売日:
ISBN:
9784088822044

鬼滅の刃 18 (ジャンプコミックス)

著:
出版社:
集英社
発売日:
ISBN:
9784088821412

鬼滅の刃 17 (ジャンプコミックス)

著:
出版社:
集英社
発売日:
ISBN:
9784088820804

鬼滅の刃 16 (ジャンプコミックス)

著:
出版社:
集英社
発売日:
ISBN:
9784088818672

鬼滅の刃 15 (ジャンプコミックス)

著:
出版社:
集英社
発売日:
ISBN:
9784088817996