「これは主人公ですわ」アニメ「ポケモン」サトシの聖人ぶりが凄すぎる

アニメ

公開日:2020/3/14

『ポケットモンスタースペシャル』1巻(シナリオ:日下秀憲、漫画:真斗/小学館)

 2020年3月8日(日)のアニメ「ポケットモンスター」では「呪われたサトシ…!」を放送。サトシが見せたゲンガーへの対応に、視聴者の間で「もはや聖人の域だろ」「これは主人公ですわ」などの反響が上がっている。

 ポケモンについての研究を進めるサクラギ研究所では、以前から不可思議な現象が絶えなかった。その原因は住み着いたゲンガーのイタズラ。ゲンガーの姿を見たという研究員が脅える中、サトシとゴウはゲンガーを探すことに。

 ゲンガーと遭遇したサトシたちだが、かなり荒れているようすのゲンガーは能力を使って攻撃してくる。攻撃が止まったと思いきや、ゲンガーがサトシの影に憑依。顔色はみるみる悪くなっていき、立て続けに不幸な出来事が起きてしまう。

advertisement

 混乱したサトシは研究所を飛び出し、影に潜んだゲンガーを連れて市街地へ。街の中をしばらく走るサトシだったが、ある若者と街角でぶつかってしまった。話をすると、偶然出会った若者はゲンガーの元トレーナーらしい。ゲンガーのせいでツキが落ちていると感じた若者は、現在の研究所がある建物にゲンガーを置き去りにした過去を明かす。

 若者の話を聞いてショックだったのか、サトシから離れて広場で落ち込むゲンガー。そこに事情を聞いていたロケット団の面々が登場する。ロケット団はゲンガーを仲間に誘うも拒否されたため、掃除機に無理やり閉じ込めてしまった。

 連れ去られそうになるゲンガーだが、ピカチュウの“アイアンテール”によって掃除機から抜け出すことに成功。サトシはゲンガーに対し、「バトル手伝ってくれるか?」「今すぐに信じてくれなくてもいい。でも俺はお前を信じる!」と語りかける。この台詞にネット上からは、「サトシいい奴すぎない?」「人格者すぎて笑ってしまった」「これは男でも惚れますわ」といった賞賛の声が相次いだ。

 ロケット団は“てまねきポケモン”の「サマヨール」を2体も繰り出したものの、心を開いたゲンガーとピカチュウの共闘により敗北。サトシを認めたゲンガーは、彼のポケモンになることを承諾するのだった。

 強力なゲンガーを手にしたサトシ。ポケモンマスターへとまた一歩近づいたのかもしれない。

■アニメ「ポケットモンスター」
放送日時:毎週日曜 18:00~
出演:松本梨香、山下大輝、大谷育江 ほか
公式サイト:https://www.tv-tokyo.co.jp/anime/pocketmonster/

この記事で紹介した書籍ほか