ウソップ&サンジの漫才にローがツッコミ!? 「仲良しすぎて愛おしいwww」/アニメONE PIECE 第924話

マンガ・アニメ

2020/3/21

『ONE PIECE』95巻(尾田栄一郎/集英社)

 2020年3月15日(日)に、アニメ「ONE PIECE」の第924話が放送。ピンチなのに全く危機感のないサンジ&ウソップのやりとりが「ローのツッコミも冴えわたってる」「仲良しすぎて愛おしいwww」と話題になっている。

 ワノ国の将軍・オロチが城で宴を開いている頃、ビッグ・マムの船「クイーン・ママ・シャンテ号」がワノ国と外海を隔てる滝に接近。アジトの鬼ヶ島でビッグ・マムの襲来を知ったカイドウは、全面戦争になってでも迎え撃つ覚悟を決めた。

 一方花の都では、百獣海賊団の“飛び六砲”と呼ばれる男・ページワンが狂死郎一家を倒したサンジを捜索中。身の危険を感じたウソップは、一家との戦いに加わっていたフランキーを連れて町から逃走を図る。路地を駆け抜ける2人が遭遇したのは、同じくページワンから逃げていたトラファルガー・ローとサンジ。ローは麦わらの一味が捕まって正体がバレれば、カイドウ討ち入り計画が台無しになると厳しく忠告した。

 もし捕まって拷問されるようなことがあっても、侍やミンク族のことは絶対に喋るなと口止めするロー。「何も喋らず、殺されろ!」と容赦なく言い捨てるローに対し、ウソップは「こわっ! ルフィはそんなこと言わねえぞ!」と文句を言う。フランキーが顔を隠して戦えばいいと提案しても、ローは出来る限り戦うなとドライな口調で命令。不満が溜まったウソップは「船長ヅラしやがって!」とローに憤りながら、「俺は捕まりゃ全部喋って助かるぞ!」と身勝手に反論した。

 ウソップの主張に呆れたサンジは、「ふざけんなてめぇ! じゃあ全力で守ってやる!」と優しさを見せながら激怒。たちまち「やったー!」とはしゃぎだすウソップを見て、ローは思わず「仲良しか!!」とツッコミを入れる。

 呑気な彼らのやり取りには、視聴者からも「この漫才いつまでも見てられるな」「4人まとめて微笑ましい(笑)」「なんだこの絶妙にバランスの取れたチームは」「全員もれなくツッコミどころがある」と爆笑の声が。果たして彼らは正体を隠したままページワンから逃げ切ることが出来るのだろうか。

■アニメ「ONE PIECE」
放送日:毎週日曜 9:30~
原作:尾田栄一郎
公式サイト:https://one-piece.com/