「続々集まってくる展開は胸アツすぎ!」最終決戦に向けて仲間たちが大集結/ アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」第96話

マンガ・アニメ

2020/3/28

『ゲゲゲの鬼太郎 妖怪ファイル』(水木しげる/講談社)

 2020年3月22日(日)のアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」では、第96話「第二次妖怪大戦争」を放送。視聴者から「仲間たちが続々集まってくる展開は胸アツすぎ!」「いよいよ最終局面って感じだね」と期待の声が続出している。

 同話は鬼太郎が人間に殺されたことを知り、嘆き悲しむ妖怪たちの姿からスタート。鬼太郎の死を目の前で見ていたねずみ男を筆頭に、ゲゲゲの森の妖怪たちも人間への復讐へと乗り出す。

 鬼太郎の帰りを待つねこ娘たちの元には、鬼太郎のちゃんちゃんこや下駄を持ったまなが現れる。鬼太郎が死ぬ瞬間を見ていたまなは、そのことを仲間に伝えに来たのだ。鬼太郎の訃報に泣き崩れるねこ娘。そんな中で目玉おやじは、地獄の閻魔大王に鬼太郎を生き返らせてもらえないかと頼むことを思いつく。しかし鬼太郎は地獄におらず、強い絶望から“あらざるの地”という異次元に迷い込んでいた。

 一方街には、バックベアードを裏切ったぬらりひょんの姿が。人間のまなが目障りなぬらりひょんは、ねずみ男を唆して殺そうとするも失敗。さらに消滅したと思っていたバックベアードが、再びぬらりひょんの前に現れる。

 ぬらりひょんの裏切りが原因で、バックベアードの妖力は爆発間近。もし爆発してしまえば日本だけでなく、世界中に被害が及ぶ。そこでまなたちはバックベアードに対抗できる可能性がある鬼太郎を、一刻も早く生き返らせることに。まなは鬼道衆の青年・石動零の力を借りて、異次元にある“あらざるの地”へと向かう決意をするのだった。

 同話では石動だけでなく、鬼童・伊吹丸や魔女のアニエス、アニエスの姉・アデルも登場。これまで鬼太郎たちと関わってきたキャラクターの姿に、ファンは「魔女姉妹に石動くん! ひさびさの登場嬉しい~~!!」「最終決戦で味方も大集結とか盛り上がってきたぜ」と大興奮のようだ。

 石動の術を使って“あらざるの地”への道を開くためには、エネルギー源である妖怪の命を“にえ”にする必要が。過去に命を救われた経験から、“にえ”にはねこ娘が名乗りを上げた。鬼太郎、まな、ねこ娘、そして人間と妖怪の戦いはいったいどうなるのか、次週が見逃せない。

■アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」
放送日時:毎週日曜 9:00~
原作:水木しげる
キャラクターデザイン・総作画監督:清水空翔
公式サイト

この記事で紹介した書籍ほか