「藤原回にハズレなし!」『かぐや様は告らせたい』下ネタ連発の藤原千花にファン爆笑/ヤングジャンプ24号

マンガ・アニメ

2020/5/20

『週刊ヤングジャンプ』24号(集英社)

 2020年5月14日(木)に発売された『週刊ヤングジャンプ』24号。『かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~』178話では藤原千花が相変わらずのマイペースぶりを発揮し、「本当にブレないwww」「藤原回にハズレなし!」と読者を楽しませたようだ。

 修学旅行を終え、通常の学校生活に戻ってきた四宮かぐやたち2年生。しかし生徒会室では1年生の石上優と伊井野ミコが大喧嘩の真っ最中で、藤原が理由を尋ねても「石上が私のことアホって言ったぁ!!」「でも先にバカって言ったのはコイツです!」と互いに譲らない。小学生レベルのケンカに呆れた藤原は、優劣を決めたいなら“頭脳”で勝負すべきと提言。50音が1文字だけ記されたカードを使い、2人にしりとりで決着をつけさせることになった。

 しりとりはターン制ではなく、先に手元のカードをなくせば勝ちというルール。しかも負けた方は、「私がおバカちゃんでしたごめんなさい」と頭を下げなければならない罰ゲームつきだ。しりとりが始まるとミコが学年1位の本領を発揮し、圧倒される石上は藤原から煽られてしまう。

 苦しまぎれに石上は“ミコが負けたら藤原も謝る”との条件を出し、彼に勝ち目はないと踏んだ藤原はあっさり容認。ところが「う」で始まり「こ」に終わる単語でミコが言い淀み、藤原に「早く『うんこ』出して上がって下さい!」と急かされても口にできない。続く「ち」に始まり「こ」で終わる単語も、ミコは藤原提案の卑猥な3文字を拒絶。最後は土壇場で逆転した石上が勝利を収め、約束通り藤原は「わたじがおバカちゃんでじだぁ…… ごべんなざび……」と泣きながら謝るのだった。

 ミコとはまるきり正反対な性格の藤原に、読者は大爆笑。「下ネタを平気でグイグイ放つ藤原ちゃんはやっぱり最高」「可愛い顔して卑猥な単語を普通に言っちゃうのが面白い」「『かぐや様』は藤原千花がいれば安泰だな」といった反応が相次いだ。

 なお石上とミコが口喧嘩したきっかけは、子安つばめと石上のデートが原因。2人のデートを知らなかった藤原は激怒したが、無邪気に下ネタを放つ性格では教えてもらえなくて当然なのかも?

img02
『かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~』18巻(赤坂アカ/集英社)

この記事で紹介した書籍ほか