「久しぶりに信長の狂気を見た」ドラマ「麒麟がくる」第18話、弟にも情け容赦ない染谷将太に大反響!

エンタメ

2020/5/23

『NHK大河ドラマ・ガイド 麒麟がくる 前編』(著:池端俊策、監修:NHKドラマ制作班、編集:NHK出版/NHK出版)

 2020年5月17日(日)に放送されたドラマ「麒麟がくる」第18話。織田信長(染谷将太)が弟・信勝(木村了)に狂気的な眼差しで迫り、「マジで怖かった…」と視聴者を震えあがらせている。

 同ドラマの主人公は、多くの群雄と天下をめぐって争う智将・明智光秀(長谷川博己)。弘治2年、美濃を追われた光秀たちは越前へ向かっていた。その道中でふとした会話から、駒(門脇麦)は驚きの事実を知ることに。幼いころ火事場から救い出してくれた人物が、光秀の亡き父親と判明したのだ。

 越前に到着後、光秀たちが謁見したのは領主の朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)という人物。彼は細川藤孝(眞島秀和)から光秀を匿うよう指示を受けており、無下にすることはできない。渋々一行を受け入れた義景だが、光秀を値踏みするような態度も見せた。

 光秀たちが美濃を去ったのち、尾張では信勝が信長暗殺を画策。美濃で入手したという湧き水を手に信長の元を訪れたが、信長からその水を飲むよう命じられてしまう。許しを求めた信勝に対し、信長は鬼気迫る表情で「飲めぇ! お前が飲めぇー!!」と叫ぶのだった──。


 信勝は信長に抗えないまま最期を迎えており、視聴者からは「久しぶりに信長の狂気を見た」「自業自得とはいえ弟にも容赦ないな」「こんなお兄ちゃんヤダよ…」といった声が続出。またTwitterで話題の戦国武将も、信長への反応を示している。



 弟に対しても非情な態度を見せた信長。彼の狂気を止められるのは、いったい誰なのだろうか。

■ドラマ「麒麟がくる」
放送日:毎週日曜 20:00~
出演:長谷川博己、染谷将太、門脇麦、堺正章 ほか
公式サイト:https://www.nhk.or.jp/kirin/

img02
『NHK大河ドラマ「麒麟がくる」完全ガイドブック PART2』(東京ニュース通信社)

この記事で紹介した書籍ほか