「チート級の強さwww」マーリンの“無双シーン”に反響続出/アニメ『七つの大罪 憤怒の審判』第4話

アニメ

公開日:2021/2/9

七つの大罪 憤怒の審判
(C)鈴木央・講談社/『七つの大罪 憤怒の審判』製作委員会・テレビ東京

 2021年2月3日(水)に放送されたアニメ『七つの大罪 憤怒の審判』第4話。「七つの大罪」の団員・マーリンが圧倒的な力を見せ、ネット上からは「チート級の強さwww」「ぶっ飛びすぎ(笑)」などの反響が相次いだ。

 メリオダスの魔神王化を阻止するべく、ゼルドリスとの激戦を続けるマーリンら強襲部隊。ゼルドリス側には“最上位魔神”たるキューザック、チャンドラーが立ちはだかり、強襲部隊の面々は苦戦を強いられていた。マーリンが放った魔法・「無限」付呪(エンチャント・インフィニティ)ですら最上位魔神たちには通じず。あまりの強さに、もはや強襲部隊側に勝ち目はないと思われたのだが――。

advertisement

 「弱点なしってことじゃないですか」と嘆く仲間に対し、「弱点がないのならば、弱点を作ればいい」と言ってのけたマーリン。次の瞬間、なぜかキューザックとチャンドラーが絶叫しながら苦しんでいる。じつはマーリンは戦闘開始直後の時点で複数の魔法を放っており、それらの力で相手の耐久度を著しく下げていたのだ。しかも敵が呪文詠唱や攻撃動作をおこなうと、相手を苦しめる魔力が自律的に反応攻撃する空間も作り出していたという徹底ぶり。複雑すぎるこの攻撃には、共に戦っていたマーガレットも「なんなんだこのムチャクチャな魔法は…」「反則だろ」と呆れていた。

 マーリンの無双ぶりを目撃した視聴者からは、「マーリン強すぎて笑うwww」「規格外だな(笑)」といった声が続出。次はどんな魔力を見せつけてくれるのか、今後も彼女から目が離せない。

アニメ『七つの大罪 憤怒の審判』
放送時間:毎週水曜17:55~(テレビ東京系)/その他放送各局による
原作:鈴木央
監督:西澤晋
出演:梶裕貴、雨宮天、久野美咲、悠木碧、鈴木達央 ほか
公式サイト:https://7-taizai.net/

この記事で紹介した書籍ほか

七つの大罪(1) (講談社コミックス)

著:
出版社:
講談社
発売日:
ISBN:
9784063848021