【最新話レポ】『BORUTO』うちは親子の懐の深さに感動! 反省するボルトにかけた言葉とは/アニメ第219話

アニメ

公開日:2021/10/17

BORUTO
『BORUTO -ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS』15巻(原作・監修:岸本斉史、漫画:池本幹雄/集英社)

※この記事は最新話の内容を含みます。ご了承の上お読みください。

 2021年10月10日(日)に放送のアニメ『BORUTO -ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS』第219話。サラダとボルトの絆に、「ボルトを信じてるサラダちゃんがいい子すぎ!」と興奮する視聴者が相次いだ。


advertisement

 なんとかイッシキを倒して木ノ葉隠れの里へ帰還したボルトたち。しかしモモシキに意識を乗っ取られたボルトの攻撃で、サスケの左目(輪廻眼)は使えなくなってしまっていた。

 サスケが負傷していることに気づいたサラダへ、ボルトは「俺の責任だ、気が済むまで殴ってくれても構わねえ」と謝罪。自分がイッシキとの戦いについていかなければ、サスケの目は無事だったと悔やむ。

 そんなボルトへ、サラダは「なにがあったか知らないけど、あんたのせいじゃないんでしょ」と一言。「それくらい私はわかるよ」と優しく言い放つ。

 親が負傷してもボルトを責めないサラダに、「サラダの対応が大人で惚れる」「すぐに優しい言葉をかけられるところに泣いた」など視聴者から感動の声が続出している。

 さらに怪我をした本人であるサスケも、「お前が来てくれなければ俺は死んでいた」「生きて勝利できたのはむしろ幸運と言うほかない」と発言。サスケに続くように、サラダは「忍びの戦いにはそういうこともあるって私もママも覚悟はしてたよ」と言ってボルトを励ますのだった――。

 戦いにおいて他人を責めないうちは親子の懐の深さには、感嘆せざるを得ない。

アニメ『BORUTO -ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS』
放送日時:毎週日曜 17:30~
放送局:テレビ東京系
原作:岸本斉史
出演:三瓶由布子、菊池こころ、木島隆一 ほか
公式サイト:https://www.tv-tokyo.co.jp/anime/boruto/

この記事で紹介した書籍ほか