【最新号レポ】『ヒロアカ』「朝から泣かせに来ないで」裏切り行為に対して仲間たちがとった行動は?/ジャンプ3・4合併特大号

マンガ

公開日:2022/1/3

週刊少年ジャンプ
『週刊少年ジャンプ』3・4合併特大号(集英社)

※この記事は最新号の内容を含みます。ご了承の上お読みください。

 2021年12月20日(月)発売の『週刊少年ジャンプ』3・4合併特大号では、『僕のヒーローアカデミア』第338話を掲載。緑谷出久(以下:デク)たち1年A組メンバーの“絆”に対し、SNS上に「青山くんを救おうとするA組メンバーに涙腺崩壊」「A組最高かよ…」といった反響が飛び交っている。

 宿敵・AFO(オール・フォー・ワン)の内通者として、青山優雅を含む青山一家を捕えたデクたち。はじめこそクラスメイトの裏切り行為にショックを受けるA組メンバーだったが、今回のエピソードではそんな彼らが再び青山を受け入れようとする展開に。AFOの居場所を特定できない今、“青山ならAFOの出方を誘導できるかもしれない”と教師陣に訴え始めたのだ。

advertisement

 とはいえ罪は罪であり、もっと言ってしまえば1番の被害者は当のA組メンバー。思わずプレゼント・マイクが「今更信じられるのか」と問いかけるものの、飯田天哉は「それは過去の話でしょう」「彼の心の内を掬い取れなかった俺たちの責任でもあります」と言葉を返す。そして「今泣いて絶望しているクラスメイトを友として手を取りたい 手を取ってもらいたい」と語り、「それが… 彼と俺たちが再び対等になれる 唯一の方法だからです」とA組の総意を告げるのだった――。

 裏切られてもなお“友”を助けようとするA組の姿には、SNS上でも「A組のみんな本当にいい子だなぁ…」「朝から泣かせに来ないで」などと涙を誘われる人が続出。青山を含むA組全員が、再び笑い合えるようになることを願うばかりだ。

僕のヒーローアカデミア
『僕のヒーローアカデミア』32巻(堀越耕平/集英社)

この記事で紹介した書籍ほか