この夏、もういちど読みたい恋愛マンガ おかざき真里『サプリ』

マンガ・アニメ

2018/8/6

 電子書籍配信サービス「ブックパス」では現在、名作恋愛マンガの読み放題企画を開催中。第1弾の矢沢あい『Paradise Kiss』に続く第2弾はおかざき真里の『サプリ』。広告業界を舞台に繰り広げられる、働く女性、恋する女性、生きる女性の胸を突く名言まみれのリアル・ワールド。その魅力を再確認!

『サプリ』(1巻)

『サプリ』(全10巻)
おかざき真里 祥伝社フィールC
広告代理店に勤める27歳の藤井ミナミは連日連夜、残業・徹夜・休日出勤と多忙な日常を送っている。7年間付きあってきた恋人と別れた後、同僚のイシダと意識しあったり、営業局の荻原と急接近したりと、恋愛面でも落ち着かない日々だ。そんな中、カメラマンの佐原から熱烈なアプローチを受けて……。

 流麗な画風とリアリティに充ちた心理表現、鮮やかな構成力、胸を打つ台詞の数々で幅広い読者を持つマンガ家、おかざき真里。女性向けマンガ誌『FEEL YOUNG』で2003年から09年まで連載され、月9ドラマ化もされた『サプリ』全10巻が、現在ブックパスで読み放題中だ。

 舞台は広告業界。広告代理店の制作局で働く27歳の藤井ミナミを主人公に、華やかなイメージとは裏腹な地道にして激務な日々と、その周囲の「働く女子」たちの姿を描いた内容だ。

 作者自身が博報堂で11年間、CMプランナーとして働いた経験を土台にしているだけに、仕事描写が実に克明。CM制作という一般的にはイメージしにくい特殊な職種を、企画の立て方からプレゼン、スタッフ間の打ち合わせ、衣装チェックに撮影と、工程ごとに起こるトラブルやその解決策(あるいは失敗例)が微に入り細に入り描かれて、どんな職業であってもその大変さは同じなのだということが説得力をもって伝わってくる。

 そして、大変なのは仕事だけではない。

『サプリ』イラスト
(c)おかざき真里/祥伝社フィールコミックス

 第1巻の第1話で、ミナミは失恋をする。それも学生時代から7年間も付きあってきた半同棲中の彼氏から別れを切り出されてしまうのだ。そこから物語は始動する。

 仕事面では優秀だけど、その優等生気質が災いしてか、恋愛面ではてんで不器用なミナミ。恋人との破局後に、年下の後輩イシダ、営業局の同期・荻原など、気になる異性も現れるものの、なかなか新たな恋に本格的に踏み出せない。

 大人になると、恋愛だけでは生きていけない。かといって、恋愛なしで生きていくには人生は長すぎる。
 ミナミをはじめ、恋愛と仕事に向きあっているキャラの立った女性たちが次々と現れる。
 フリーランスとして働きながら恋人と結婚せずに愛しあう道を歩む、コピーライターの柚木。既婚者で女子力が高く仕事もできる営業部のバリキャリ、ミズホ。仕事による自己実現よりも、現実的な女性の幸福を冷静に見据える管理部の渡辺。

「“狩り”は草食動物相手にやるものよ。肉食同士だと“戦い”にしかならないでしょ」

「宮仕え(サラリーマン)がしんどいのは理念低いヤツに限って出世(うえ)いっちゃうことよね」

……などなど、彼女たちが交わし合う仕事論や人生論、恋愛論はことごとく説得力があって、それゆえに正しい答えというものもない。このあたりは、本作と時を同じくして日本でも大ブームとなったアメリカのTVドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ』とも共通するものがある。

 2000年代に突入し、働く女性が〈仕事と恋(≒結婚)〉の二者択一を迫られていた時代から、仕事も恋も同等に大切、かつ必要なものとして生きることのできる時代になってきたからこそ生まれた作品といえるだろう。

 やがてミナミはカメラマンの佐原と交際し、働く自分と恋する自分のバランスが取れるようになっていく。

 そんなときに悲劇が起きる。組織の中で働く人間、過酷なこの社会で生きる人間なら、誰にとっても他人ごとではない出来事が彼女たちに降りかかる。同僚の自死だ。

 ほんの少しバランスを崩したら、私たちもそうなっていたかもしれない……と、それぞれに戦慄する。仕事に心血を注ぐということは、一歩踏み間違えたら仕事に殺されるということでもあるから。

 終盤、29歳になったミナミは自問する。これまでに何回も何回も考え続けてきた問いが、ここで再び浮上してくる。

「私たちは何のために働くのか」

 それは言い換えれば、こんな問いともなるのではないだろうか。“私たちは何のために生きるのか”。
 その答えが、最終巻の最終ページで示されている。
 働く女性、恋する女性、生きる女性のリアルに充ちた本作品に、この夏、胸を打たれてみたい。

文=皆川ちか

 

ブックパスって?

ブックパス画面

マンガ・小説・雑誌など総合書店並みに充実した40万冊以上のラインナップから、好きな本をいつでも購入できる電子書籍配信サービス。1冊ごとの購入と、月額562円(税別)で4万冊が自由に読める「読み放題プラン」の2通りがあり、スマートフォンやタブレットに加えてパソコンでの利用も可能。人気マンガの無料配信やブックコイン還元などの特典も充実。「読み放題プラン」に初回入会の場合は30日間無料でお試し体験ができる。

https://bookpass.auone.jp/