大谷翔平、ダルビッシュ有…年俸はどう決まる? 「現役プロ野球代理人」が語る契約の裏側

スポーツ

更新日:2018/10/2

『代理人だからこそ書ける 日米プロ野球の契約の謎』(長谷川嘉宣/ポプラ社)

 野球選手には、日本球界からメジャーへと移籍する選手や、逆に外国人助っ人としてメジャーから日本球界へと移籍してくる外国人選手がいる。

 彼らは契約時に高額な年棒を提示されるが、この高額年俸がどのように決まっているのか、また野球選手の海外移籍がどのように進められているのか考えたことはあるだろうか。

 本書『代理人だからこそ書ける 日米プロ野球の契約の謎』(長谷川嘉宣/ポプラ社)は大谷翔平選手やダルビッシュ有選手などの、メジャーに挑戦する日本人選手の活躍の裏で活躍している「プロ野球代理人」について詳しく書かれている。

 著者の長谷川嘉宣氏は、オクタゴン社野球部門環太平洋部長でMLB選手会公認エージェントだ。日本からメジャー、メジャーから日本への双方のプロ野球代理人として現役で働いている。

 長谷川氏が代理人を務めた、日本球界からメジャーに移籍したクライアントには、和田毅選手・田口壮選手・大家友和選手らが、メジャーから日本球界へ移籍した外国人助っ人のクライアントには、マイコラス選手・ペゲーロ選手・エルドレッド選手・カブレラ選手などがいる。他にも、会社としてはランディ・ジョンソンなどもクライアントであり、幅広く代理人を担っている。

 本書はプロ野球代理人の仕事内容から契約・お金のリアルな話までが語られている。また、あまり知られていない「外国人助っ人」の契約や外国人選手が日本プロ野球で活躍するための条件なども紹介。

プロ野球ファンにはぜひ読んでもらいたい、野球界の裏側を覗くことができる興味深い一冊となっている。

第1章 「プロ野球の代理人」とは
第2章 プロ野球代理人のリアルな契約とお金の世界
第3章 知られざるプロ野球代理人の仕事
第4章 日本からメジャーへ 活躍する選手の条件
第5章 外国人選手の日本のプロ野球での契約の裏側

この記事で紹介した書籍ほか

代理人だからこそ書ける 日米プロ野球の契約の謎 (ポプラ新書)

著:
出版社:
ポプラ社
発売日:
ISBN:
9784591160107