注目ワード ニュース チャンネル 電子書籍 書籍・雑誌
103件

野球の記事一覧

殴られれば野球はうまくなる? 根強く残る「指導」という名の「暴力」

『殴られて野球はうまくなる!?』(元永知宏/講談社)  もう数十年前になるが、私は高校球児だった。甲子園を目指せるような強豪校ではなかったが…

人の視線を気にしていた少年がプロ野球界の記憶に残る名選手になるまで―森本稀哲が明かす「どんな逆境にも負けない心を強くする習慣」

『気にしない。―どんな逆境にも負けない心を強くする習慣』(森本稀哲/ダイヤモンド社)  プロ野球界の記憶に残る名選手・森本稀哲が「どんなにつ…

ある野球漫画が迎えた唐突な「最終回」に、ネット騒然……

『セーラーエース(6)』(しげの秀一/講談社)  第45代アメリカ合衆国大統領ドナルド・トランプが、かつて出演していたテレビ番組で決め台詞と…

“畜生ペンギン”つば九郎があだち充の仕事場に突撃! スペシャル対談が話題に【サンデー35号】

 2017年7月26日(水)に発売された『週刊少年サンデー』35号に、東京ヤクルトスワローズの公式マスコット・つば九郎とあだち充の特別対談が…

球史に残る2010年「史上最大の下剋上」の裏側とは!? 元千葉ロッテ・里崎智也氏インタビュー【後編】

『エリートの倒し方 天才じゃなくても世界一になれた僕の思考術50』(里崎智也/飛鳥新社)  1999年から2014年まで、15年間千葉ロッテ…

「緊張したくなければ、『結果』を気にするな」 実践的な思考術を元千葉ロッテ・里崎智也氏に聞いてみた!【前編】

『エリートの倒し方 天才じゃなくても世界一になれた僕の思考術50』(里崎智也/飛鳥新社)  プロ野球チーム・千葉ロッテマリーンズを愛するもの…

「できない」「無理」「ありえない」という企業に未来はない! 24億赤字球団を5年で5億黒字にした企業再生のプロが満を持して綴る『常識の超え方』

『スポーツビジネスの教科書 常識の超え方 35歳球団社長の経営メソッド』(池田純/文藝春秋)  赤字24億円だった「横浜DeNAベイスターズ…

“畜生ペンギン”つば九郎がマンガになった! 2次元でも安定の腹黒っぷりにファン大喜び

『天に向かってつば九郎』1巻(著:まがりひろあき、原作・監修:東京ヤクルトスワローズ/講談社)  東京ヤクルトスワローズのマスコットを務める…

野球&球場はこうして楽しめ! 野球マニアの生態を活き活きと描き出す「球場満喫」マンガ

『球場三食(1)』(渡辺保裕/講談社)  2017年プロ野球のペナントレースが始まった。セ・リーグは昨年に続いて広島カープが好調。一方のパ・…

『キャプテン翼』高橋陽一が描いた「日ハム」大谷翔平イラストに大反響! コラボグッズも11種類14アイテム発売

 人気サッカー漫画『キャプテン翼』の作者・高橋陽一と、“北海道日本ハムファイターズ”の大谷翔平選手がコラボしたグッズが2017年4月20日(…

『タッチ』幻の甲子園決勝戦シーンが『MIX』に描かれ大反響!! 「ゲッサン」4月号

『MIX』10巻(あだち充/小学館)  現在コミック誌「ゲッサン」で連載中のあだち充『MIX』に、『タッチ』で描かれなかった甲子園決勝戦のシ…

女子野球×タイムスリップ!?異色のスポーツマンガ『なでしこナイン』は、史実を元にした傑作!

『なでしこナイン』(東元/主婦の友社)  2010年に開幕した「女子プロ野球リーグ」。現在は京都フローラ、埼玉アストライア、兵庫ディオーネ、…

止まったボールが打てない理由とは? ゴルフが「上手い人」と「下手な人」の明暗をわける「Aスウィング」は何がスゴイのか?

『デビッド・レッドベター「Aスウィング」』(デビッド・レッドベター/ゴルフダイジェスト社)  「プロ」の条件とは何だろう? 様々な意見はある…

マガジン新連載『8月アウトロー』に期待の声!「序盤から熱いものがこみ上げてくる」

『週刊少年マガジン』2・3号(講談社)  2016年12月14日(水)発売の『週刊少年マガジン』で新連載『8月アウトロー』が始まったのだが、…

“憧れ”の清原和博に覚せい剤を売り続けた男・小林が綴る想いとは――告白手記『密売』

『密売』(小林和之/ミリオン出版)  今年2月、球界の番長こと清原和博が覚せい剤所持で逮捕された。執行猶予付き有罪判決を受け釈放後も清原は公…

なぜ今年カープは神っていたのか? 惜しくも日本一を逃すも、大躍進の原動力とは

 日本シリーズで日本ハムと熱戦を繰り広げた広島カープ。惜しくも日本一は逃したものの、25年ぶりのセ・リーグ優勝はファンを大いに湧かせ、なんと…

イチローがイチローを演じてきた理由とは? 大リーグ関係者の言葉で明らかに!

『イチローがいた幸せ』(杉浦大介/悟空出版)  2016年8月7日、イチローがメジャー通算3000安打を達成した。大リーグでの殿堂入りも確実…

負けても負けても「広島カープ」のために投げ続けた。”豪放磊落な野武士”と”孤高のダンディー” 2人の名投手エピソード!!

『二人のエース』(鎮勝也/講談社+α文庫)  25年ぶりにセ・リーグを制し、32年ぶりの日本一を目指す広島カープ。引退を表明した黒田博樹の魂…

「人気がないから話題にもならん」 人生は紙一重!? 野村元監督が名捕手から名監督になるまで

 プロ野球の人気は低下の一途をたどっているという。東京オリンピックでは3大会ぶりに競技復活をとげたにもかかわらずだ。そんな時節に、その知性と…

原爆の壊滅的な被害から復興を目指して作られた広島カープ! “強さ”以上に変わったこと、”カープ出身の選手たち”の貢献力とは?

『すごい!広島カープ』(赤坂英一/PHP研究所)  瞬間最高視聴率は70%を超え、商店街で道行く人が互いにハイタッチをし、破格の優勝セールを…

メジャーでの登板、薬物への依存、逮捕…元野球選手・野村貴仁の波乱の半生

『再生』(野村貴仁/KADOKAWA)  「明も暗もどん底も、ここに記す」。元プロ野球選手・野村貴仁の波瀾の半生がすべてつまった『再生』が、…

年間30億円近くあった赤字も解消! 5年間最下位争いでも横浜DeNAベイスターズが“連日満員”のワケ

『空気のつくり方』(池田純/幻冬舎)  菓子、車、スポーツ……。あらゆる商品をヒットさせ、ブームを生み出してきた著者がマーケティングのすべて…

実写映画大ヒット上映中!「青空エール」の監修者が語るブラバン応援の世界

『高校野球を100倍楽しむブラバン甲子園大研究』(梅津有希子/文藝春秋)  高校野球では、グラウンドでプレーする選手たちはもちろん、アルプス…

2000安打の偉業を達成した新井貴浩を、複雑な心境で見るファンがいるのはなぜ?

『主砲論: なぜ新井を応援するのか』(迫 勝則/徳間書店)  プロ野球が好きな人ならば「2000本」「200勝」という数字がどれほど大きなも…

アンダーシャツの商標やマークは透けないように!「高校野球」の細かすぎるルーツの理由とは?

『高校野球の経済学』(中島隆信/東洋経済新報社)  夏の甲子園、真っ盛り。高校生年代の野球の大会が、これほど国民的関心を集めるのは世界でも珍…

マンガ好きで知られる元千葉ロッテ・里崎智也さんが、腹筋崩壊と話題の魔球マンガ『デッド・オア・ストライク』を読んだら…

 巨人の星を筆頭に魔球が登場する野球マンガはいくつもある。そしてほとんどの場合、魔球の使い手である主人公とライバルの対決を軸に話が進んでいく…

プロ野球選手の本音がポロリ…スポニチ名物「隠しマイク」が待望の書籍化

『プロ野球「名言妄言」伝説1200』(スポニチ隠しマイク/さくら舎)  スポーツ観戦が好きです。最近は男子バレー(国内リーグ)ばかり追ってい…

落語家、プロレスラー“万年最下位争い”の「横浜ベイスターズ」に魅了される人々に、その理由を聞いた!

断絶したように思えても、絆はまだ誰の中にも生き続けている。そして、そこに志さえあれば、世代を超えて技と心は受け継がれていく。『4522敗の記…

一番美味い選手プロデュース弁当は? 12球団ファンクラブ評論家 ®が「野球以外」を徹底比較!

『このパ・リーグ球団の「野球以外」がすごい!』(長谷川晶一/集英社)  『プロ野球12球団ファンクラブ全部に10年間入会してみた!』(集英社…

『マネー・ボール』から12年。超弱小球団・パイレーツを20年ぶりの勝利に導いた驚異の「ビッグデータ」分析方法

『ビッグデータ・ベースボール 20年連続負け越し球団ピッツバーグ・パイレーツを甦らせた数学の魔法』(トラヴィス・ソーチック:著、桑田健:訳/…

1234

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集


ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

ページの先頭へ