50代が虜になるプロ旅が満載! 『ノジュール』でひとり旅や絵画鑑賞を楽しむ

暮らし

2018/10/31

『ノジュール』(JTBパブリッシング)

 50代からの大人にむけて毎月旬の旅情報をお届けする年間定期購読誌『ノジュール』(JTBパブリッシング)の最新号が2018年10月28日に発売された。

『ノジュール』は「旅」「健康」「社会」「暮らし」「趣味」というテーマで、50代からの旅と暮らしを3倍楽しくする、旅と暮らし発見マガジン。旅行ガイドブック『るるぶ』でおなじみのJTBパブリッシングが手がけているため、おトクなきっぷを活用したプランや快適でリーズナブルな宿、気ままなひとり旅の情報など、自由で贅沢な旅の仕方を教えてくれる。

 最新号となる11月号は、女性読者に大好評の「ひとり旅」と「気どらず愉しむ西洋美術」の2大特集だ。

 ひとり旅特集では、むかし町や伝統文化、温泉、自然、焼き物など、日本が大切にし続けてきた“旧き良き”ものを多数ピックアップ。湖国・近江八幡や開湯1200年の肘折温泉、うつわを探す有田・伊万里の旅が紹介されている。

 そのまま辿れる旅のモデルプラン(コースチャート)や、アクセス情報・地図などの実用的なデータも掲載されているので、ひとり旅初心者の方も参考にしやすい。

 昨今人気上昇中の“ひとりのようでひとりじゃない”「ひとり旅ツアー」の体験ルポや、ひとりでも安心して泊まれる「厳選ひとり宿」、プランニングのコツや食事処の選び方など、ひとり旅初心者に向けた充実のハウツー情報も見逃せない。

 そして、西洋美術特集ではこの秋、東京に大集結するフェルメールやムンク、ルーベンスの名作を取り上げながら、絵画鑑賞の楽しみ方を伝授している。

 絵画鑑賞は“常識”や“教養”を重んじなければならないと考え、つい身構えてしまいそうになるが、あえて難しいことを考えずに思い切って西洋美術の世界に飛び込んでみることも大切だ。

 特集内には、美術をおもしろく提案する“アートテラー・とに~”さんが、上野で開催されているフェルメールやムンク、ルーベンスの3大展覧会のストレートな愉しみ方を提案しているので、そちらも要チェック。

 なお、本誌はフェルメール展と東京の紅葉名庭めぐりをセットにしたノジュール読者限定ツアーや、読者による旅のルポなど、年間定期購読誌ならではの読者参加企画も多数収録している。

 書店での販売はないが、ホームページ上で最新号の一部を立ち読みできるので、特別な大人旅を楽しみたい方はぜひチェックしてみてほしい。

 いつもと違う旅は、新たな刺激を人生と心に与えてくれる。この秋は、もっと自由に、心がわくわくする大人の旅に出かけよう。

文=古川諭香