旅のプロが厳選! 大人のための秘められた「京都の美のこころ」を解く旅

暮らし

2019/1/6

ノジュール
『ノジュール』(JTBパブリッシング)

 50代からの旅と暮らしを応援する定期購読雑誌『ノジュール』(JTBパブリッシング)。旅・健康・社会・暮らし・趣味という5つの柱で、厳選した観光情報を紹介している。50代からの旅と暮らしを3倍楽しくするというコンセプトのもと、時間を贅沢に使う、大人の旅を届けてくれる雑誌だ。

 2018年12月28日発売の1月号は、毎年恒例の人気企画「冬の京都」に加えて、「10大名物鍋の宿」「ベストGO!2019」の3大特集となっている。

 第1特集は、「寿ぎの京都“美”のこころ」。1月10日から始まる「京の冬の旅」キャンペーンのテーマ、「日本の絵画」を中心に、安土桃山時代から江戸時代初期にかけて京で活躍した狩野派や長谷川派の絵師のほか、現代にいたる日本画家たちの秘められた名作を巡るモデルプランを紹介している。洛東編、洛中編、洛西編の3つの旅プランを案内している充実の内容だ。珠玉の旅プランをそのまま辿れる旅のコースチャートや、アクセス情報・地図などの実用的なデータも掲載されていて、参考にしやすい。

 第2特集は、この時季におすすめの、体の芯から暖かくなる「鍋」。本書では、ホッとする味を求めて、全国の“10大鍋”の宿を厳選して紹介している。その土地ごとの“いちばん美味しい食材”を味わえる鍋は、わざわざ足を運んで食べたいものばかりだ。旅先での美味しい記憶は、何ものにも代えがたい思い出になるだろう。

 冬の味覚の王様、兵庫県の松葉ガニ鍋、かつて猪100頭に対してクマ1頭と言われたくらい貴重な滋賀県のクマ鍋、スッポンに対する先入観が完全に払拭されるという大分県のスッポン鍋など、その土地の恵みをいただける選りすぐりの美味しい宿を紹介している。

 第3特集は、2019年に絶対行きたい旬な旅先を教えてくれる。プレオリンピックイヤー、新元号ブーム、ウィーン2大展覧会、三陸鉄道「リアス線」開通など、来年話題になるテーマと注目の旅先を、観光ジャーナリストや評論家たちの解説を交えてご紹介。2019年の間に行っておきたい場所が目白押しとなっていて、これからの旅行計画の参考になること間違いなしだ。

 書店での販売はないが、ホームページ上で最新号の一部を立ち読みできるので、特別な大人旅を楽しみたい方はぜひチェックしてみてほしい。

 新たな年のスタート。自由で特別な大人の旅の参考にしてみてはいかがだろうか。

文=桜子