【8つの顔タイプ診断®】第一印象を左右する、似合う服&髪型をセルフチェック!

暮らし

2019/1/15

『顔タイプ診断で見つかる本当に似合う服』(岡田実子/かんき出版)

 セールで目を引き、「絶対に似合うはず!」とゲットした服。家に帰って着てみたら、なんとなくパッとしない……試着室が混み合うこの時期、くやしい思いをしている人も多いのでは? そんなあなたの救世主となるのが、『顔タイプ診断で見つかる本当に似合う服』(岡田実子/かんき出版)。日本ではじめての“顔タイプ診断”が、あなたに本当に似合うスタイルを教えてくれる。

 著者の岡田実子さんは、5000人以上の女性に似合う装いをアドバイスしてきた、予約の取れないイメージコンサルタント。その経験から彼女が見出した結論は、人が素敵でおしゃれに見えるのは、その人の魅力にあった服を着ているとき──すなわち“外見のイメージ”にあった服を着ているときだということだ。「つまり、自分の外見を客観的に知ることがおしゃれへの近道なのです」。そして、外見の第一印象を左右するのは、ずばり“顔”!

 外見を分析するためには、センスもテクニックも必要ない。本書を読みながら質問に答えたり、その結果を表にあてはめたりするだけで、自分の外見を客観的に把握することができるのだ。たとえば……。

 本書は、顔の雰囲気にあう服のテイストや柄、素材がわかる“顔タイプ診断”をはじめ、スタイルをよく見せる服の形やバランスがわかる“骨格診断”、肌や目、髪などのボディーカラーにあう色がわかる“パーソナルカラー診断”という3つの診断の結果から、あなたに似合うおしゃれを導き出す。

 こういった本を読んでいて不安になるのは、「本当に正しい診断ができているか、自信がない……」ということだろう。たとえばヘアスタイルの本を見ているとき、「癖のあまり強くない人向きの髪型」なんて書いてあっても、自分の髪の癖は強いのか弱いのか、美容師でもない限り判断がつかないものだ。でも、その点も心配無用! 顔タイプ診断には、その顔タイプの印象や、同じタイプの有名人、似合う服のブランドや参考になる雑誌なども書いてあるので、いろいろな角度から「自分は本当にこのタイプかな?」と診断結果を検証でき、顔タイプのイメージも持ちやすい。最小限のコストと時間で、専属コンサルタントのアドバイスを受けた気分になれる。

 著者の岡田さんいわく、「外見は『私はこういう人ですよ』という自分を伝えるメッセージなのです」。本書の診断で似合うもののベースがわかったら、「自分はどう見られたいか」という理想を足していけばいい。なりたい自分を意識して、身につけるものを変える。周囲に褒められたなら、振る舞いが変わる。装いが、あなたの魅力的な表情、前向きな姿勢を引き出すのだ。きっと、「ファッションで人生は変わる」という岡田さんの言葉を信じないわけにはいかなくなる。

 服選びに困っている人、「自分が似合うと思っている服が他人ウケしない」という人はもちろん、「なりたい自分」を持つ人にも、ぜひ読んでほしい一冊だ。

文=三田ゆき