お金を寝かせるだけで勝手に増える!? 15年間で6000万円を築いたビジネスマンの話

マネー

2019/2/25

『お金は寝かせて増やしなさい』(水瀬ケンイチ/フォレスト出版)

 将来が心配だ。勤労統計調査の不正がニュースになり、正確に調査を進めてみると実質賃金がマイナス。「景気が良い」なんてどうやらウソらしい。終身雇用も年功序列も消え去り、デフレがはびこる日本で老後まで安心して暮らすにはどうすればいいのか。

 こんなことを考えている人はぜひ『お金は寝かせて増やしなさい』(水瀬ケンイチ/フォレスト出版)を読んでほしい。なんとお金を寝かせるだけで勝手に増えていく投資法を解説しているのだ!

「いやいや胡散臭いだろ…」。そんな読者の声が聞こえてきそうだが、なんとかもう2分だけお付き合いしてほしい。本書の一部をご紹介したい。

 本書で解説される「寝かせるだけでお金を増やす方法」の正体は「インデックス投資」のことだ。「まったく聞いたことがない…」。そんな人もいるだろう。インデックス投資を理解するため、まずは投資信託を説明したい。

 投資信託とは、投資家から集めたお金をひとつの大きな資金として、専門家が株式や債券などに運用する金融商品のこと。運用がうまくいけば利益を得る一方、運用がうまくいかなかった場合は損をする。投資信託は元本が保証されている金融商品ではない。

 投資信託のメリットは次の3つだ。

1)小額から購入できること
2)たくさんの銘柄の株式や債券に分散投資できること
3)運用に携わる金融機関が破たんしても資金が守られていること

 株価が暴落して個人投資家が阿鼻叫喚したサンバイオ株のニュースを鑑みると、特に2番目は大事なポイントだ。「卵はひとつのカゴに盛るな」という投資の有名な格言を思い出す。

 ただしデメリットもある。まず手数料の高い投資信託が多数存在すること。そしてもう1つ、すぐに大儲けできないこと。

 そこでおすすめしたいのが、着実に資産形成できる「インデックスファンド」だ。各種指数(インデックス)に連動する運用成果を目指す投資信託のことで、日経平均株価やTOPIX(東証株価指数)などが3%上昇すればインデックスファンドも3%上昇し、反対に3%下落すれば同様に3%下落する。各種指数にぴったり連動するように運用される。

 著者の水瀬ケンイチさんは、日本にまだロクなインデックスファンドがなかった2004年から四苦八苦しながら挑戦を続けた。その結果、元本300万円からスタートし、約15年後の2017年には約6000万円の資産を達成!

 なぜビジネスマンでありただの個人投資家にすぎなかった水瀬さんがこれほどの資産を築けたのか。それは定期的に一定額の投資信託を購入する「積み立て投資」を行いながらお金を寝かせて、アインシュタインに「人類最大の数学的発明だ!」と言わしめた「複利」のパワーを活かしたおかげだ。

 たとえば投資元金として100万円を用意し、年利5%の金融商品を購入すると以下のようになる。

1年後  100万円×105%=105万円
2年後  105万円×105%=110万円
3年後  110万円×105%=116万円
10年後  155万円×105%=163万円
100年後 1億2524万円×105%=1億3150万円(!)
(※数字は四捨五入)

 これぞ“お金を寝かせた”複利パワーだ。インデックス投資ははじめの数年間、それほど儲からないことが多い。しかし時間が経つほど雪だるま式にお金が増えていく。水瀬さんは毎月同じ投資信託を同じ金額で自動的に購入する証券会社のサービス「投信積み立てサービス」を利用して、元本を自動的に増やしながら複利パワーを大きくして資産を形成した。これぞ本書の極意だ。

 インデックス投資に少しだけ興味が出てきた読者がいるかもしれない。ぜひ挑戦してほしい…ところだが注意点がある。というより、ここまでの内容は本書のほんの一部。記事の最後にご紹介できなかった重要なポイントを列挙したい。

・金融機関の「手数料稼ぎ」に騙されるな! 手数料の低い金融商品を選ぶべし!
・7割以上の確率で負ける「アクティブファンド」に手を出すな!
・投資を始める前に家計の状態を把握して「生活防衛資金」を貯めよ!
・最悪の事態を想定した「自分のリスク許容度」を知れ!
・すべての勝敗を決める「資産分配」を見極めよ!
・年に1回のチェック! 「リバランス」でリスクを回避せよ!
・リーマンショックという絶望的な金融危機が起きても「バイ&ホールド」を徹底せよ!

 最近になって政府は国民に投資を勧めるようになった。社会保障が崩壊しそうな今、自力で老後の資金を確保してほしい思惑があるようだ。ただでさえ賃金が低いのに、リスクある投資を国が勧めてくるとは…。将来が心配だからこそ着実に資産形成できる投資法を知りたい。本書ではインデックス投資で“大儲けはできないが安全に”資産形成する秘訣が解説されているので、興味があれば手に取ってほしい。

文=いのうえゆきひろ