電子レンジでお弁当を加熱中に発火! 身を守るための対応は? 蝶野正洋氏企画発案の防災本講座(後編)

暮らし

2019/10/6

 命を守るプロから学ぶ119のマニュアル(行動術)が載った「防災減災119」。緊急講座の後編は日常に潜むワンシーンをクイズにしました。3つの中から正しいものを1つ選んでください。

 買ってきたコンビニ弁当を電子レンジで加熱中、いきなり「ボンっ!」と爆発音が。あわせて黒い煙と炎がメラメラ。どうしよう…

A:水をかける!
B:すぐに電源を遮断!
C:加熱を中止し、扉を開けて消火器などで消火。

 正解はBなんです。すぐに電源を遮断する必要があります。

 電子レンジの扉を閉めたまま、最初に電源を遮断するのが鉄則なのです。その上で火と煙が収まるのを待つべき。電気製品などの火災は、まずはブレーカーを落とすか、電源コードを抜き、慌てずに様子を見ましょう。火が消えなければ、消火器などで消火します。その場合、周囲の人に火災の発生を知らせ、119番通報も忘れずに行ないましょう。防災減災の観点で付け加えると、日頃から庫内の掃除を徹底しておくことも大切です。

 日常のワンシーンからクイズをもう一つ。

 陳列棚が並ぶスーパーマーケットで買い物中に大きな地震が! こんな時、スグに自分自身で取れる行動って何でしょうか? 詳細は、防災減災119を読んで探してみてください。

『防災減災119』(蝶野正洋:企画・発案、加藤孝一:監修/主婦の友社)