お尻を整えると肩こり・ひざ痛が消える!? 1回1分の「お尻ぐるぐる」エクササイズで体が軽やかに

健康・美容

2019/11/25

『肩こり、ひざの痛みはお尻ぐるぐるで消える!』(早川祐平/主婦の友社)

 慢性的な肩こりやひざ痛。マッサージに通ったり、病院で患部を治療したり、塗り薬を塗ってみたり…。いろんなことを試したけれど、治らないというあなた。もしかすると、その原因は肩やひざではなく、「お尻」にあるかもしれません。

肩、ひざはお尻とつながっている!

「臀部(※お尻)を構成する骨格や筋肉などの組織がバランスを崩すと、遠く離れた肩やひざに影響が出てきます」と言うのは、整体院優福の院長である理学療法士の早川祐平氏。著書『肩こり、ひざの痛みはお尻ぐるぐるで消える!』(主婦の友社)では、そのメカニズムと、簡単な整え方をレクチャー。

 肩とひざは体の部位の中でも位置が離れていますが、体の大きな土台である肩甲骨と骨盤、それを支える筋肉、筋膜を通してつながっていると言います。肩甲骨を寄せれば自然と骨盤が立って姿勢がよくなり、骨盤を立たせるように意識すれば自然と背筋が伸びる。連動しているのです。そしてお尻には大臀筋という体の中でも大きな筋肉がついていて、そこがかたくなると運動のパフォーマンスが下がってしまうとか。骨と骨を支え、動かす筋肉をほぐして柔らかく整えておくことが、健やかな体作りに役立つそう。

 スポーツ施設や病院などで多くの臨床経験を積み、肩こりやひざ痛をケアしてきた早川院長がたどり着いたのは、「お尻ぐるぐる」というエクササイズ。ふだん運動をしない方でも、大変な思いをせずに安全に取り組めて、効果実証済みのうれしい健康法です。

「お尻ぐるぐる」のやり方

①肩幅程度に足を開き、安定して立つ。足先を少し外側に向け、がにまたのような格好をすること
②手のひらの付け根で、左右のお尻のほっぺ(くぼんでいるところ)を探して手を当てる。その場所から指2~3本分上へお尻を滑らせていくと、ポコッとお尻の筋肉の盛り上がりを感じられる部分がある

③ ②の場所が確認できたら、痛気持ちいい程度に圧をかける。圧をかけたまま、その場所を時計回りに円を描くようにぐるぐるマッサージする。左右同時に30秒~1分程度行う
④マッサージの動作に慣れたら、骨盤を時計回りに大きく回しながらマッサージを30秒~1分間行う。同じように、骨盤を反時計回りにも回しながら30秒~1分程度行う

 たったこれだけを、多くて1日3回行うだけ! 1分程度で終わるので、ちょっとした隙間時間やテレビを見ながらできるのが手軽でいいですね。筆者もやってみたところ、運動で痛めていたと思いこんで放置していた左ひざの痛みが和らぎ、パソコン仕事で慢性的に凝っていた肩も軽くなった気がします! こんなに簡単なエクササイズだけで改善されるなら、もっと早く知りたかった! と思ってしまったほど。

 本書には「お尻ぐるぐる」の効果を上げる準備体操や、横向きで寝て行うバージョン、そもそもどうして肩こりやひざ痛が起こるのかの解説までを事細かに掲載。やさしい言葉で説明してくれるのでわかりやすい上に、生活習慣の改善までカバーし、本書を1冊読めば肩こりやひざ痛から解放された健康的な体づくりに取り組めます。

 仕方ないとあきらめていたあなたにこそ、ぜひ読んで知っていただきたい内容が詰まっています。

文=箕浦 梢