眠れない人が知らずにやっているNG習慣って!? 小さなことから始めて熟睡体質へ!

健康・美容

2020/4/16

『眠れないあなたを救う 睡眠ファースト』(友野なお/主婦の友社)

毎日きちんと暮らしている真面目な人ほど実は眠れない。その理由はちゃんとあります。

 世界で一番睡眠時間が少ないのは40代日本女性であるという統計があります。真面目できちょうめんで、仕事にも育児にも頑張っているのになぜ? 実はそれこそが原因。多忙な毎日にやることはいっぱい。でも交友関係もうまくやらなくちゃ、趣味も楽しみたいし、おしゃれだって諦めない、きちんとした生活もしたい! タスク遂行に限られた24時間を有効に使うために、削っているのは睡眠時間なのです。

 そのため、寝ている時間はもったいない、ダラダラとしていてだらしない、と罪悪感を感じていませんか? それが眠れない人の多くが抱える問題です。でも、これはまったくの間違い! 睡眠を生活の最優先課題にしましょう。よく眠ることが、あなたの生活を豊かにすることにつながります。そのメソッドがわかりやすく紹介されているのが、『眠れないあなたを救う 睡眠ファースト』(友野なお/主婦の友社)です。

眠れない日々で仕事、お金、彼氏を失い、ボロボロになった著者。眠れるようになったら幸せがやってきました!

 著者の友野なおさんは元ミス日本代表です。美貌とスタイルに恵まれ、社会人としても順調なスタートを切りました。もともと真面目な性格もあり、仕事もプライベートも一生懸命、必死に頑張り走り続けていましたが、20代後半のある日、ぷつんと糸が切れました。体調が崩れ、仕事をやめ、彼氏ともわかれ、ついには引きこもり生活に。ぶくぶくと太りはじめ、皮膚炎で肌もボロボロ。今までの生活とは真逆、まるで真っ暗なトンネルの中に取り残されたような気持ちになったそうです。

 でもこんな私でいられない、なんとかしなくちゃ、と焦って朝まで求人サイトを眺めたり、突然心がパンクして泣きくずれたりの毎日に突入。そんな彼女を見かねて、お母様が放ったひと言は「ゆっくり寝てみたら?」。

 そんな普通の言葉を、「え? こんな私でも寝ていいの?」と目からウロコに感じたそうです。

 それからは毎日いかに眠るかを最優先に考える、すなわち「睡眠ファースト」の生活をはじめました。しっかり寝ることができたら、気持ちは明るくなり、肌はきれいになり、体重も減りました。社会復帰も果たせ、優しい旦那様とも出会えることに! でもこれは彼女だけに起こった奇跡ではありません。

睡眠には、人をポジティブに、美肌に、仕事や育児の効率をアップさせるメカニズムがあります。

 きちんと睡眠をとれば、

〇気持ちがポジティブになる
〇きれいになる
〇仕事・家事・育児・介護の効率があがる

などの効果があります。

 それは、睡眠には脳のメカニズムが深く関係しているため。起きていると脳は疲れて、イライラしたり、ネガティブ思考に陥ります。夜中に悩むのはムダな時間と考え、1回眠って思考をシャットダウンさせましょう。起きたらポジティブな気持ちが必ず生まれます。一方、栄養を求めて食欲は25%もアップ。糖質や脂質が無償に食べたくなり、夜中のドカ食いにつながります。食べたくなったら眠ることが最善策。また寝ている間に、美容によい成長ホルモンが分泌されます。睡眠にまさる美容液なし、と心得て。免疫力もアップし、風邪をひきにくくなります。本書ではこのメカニズムを詳しく解説していますが、心身ともに健やかにいるためには、何はともあれ睡眠ファースト!なのです。

さあ「睡眠ファースト」生活をはじめましょう。まずはNG習慣をやめ、5分でできる睡眠ワザからトライ!

 ではここから実践編。寝る前に簡単にできるコツをいくつか紹介しましょう。

●これはGood!ベッドの中で深呼吸をする。
 とっても簡単ですが効果的。ゆっくり呼吸すると副交感神経が優位にたち、深い眠りへといざなわれます。

●これはNG! 寝る前のSNSは禁止! スマホは手放して。
 眠れないからとネットのニュースやSNSを見ていませんか? 情報は脳を覚醒させます。特にSNSで得る知り合いのニュースは、よくも悪くも脳が刺激されるもの。ましてや、いいねを押したり、コメントを書いたりなんてもってのほか。スマホをベッドから追い出しましょう。気になるSNSは、通勤電車の中だけ、などと寝る数時間前に終えるのがGood。

●これはNG! ベッドのひとり反省会をやめる。
 あなたは、その日あったイヤなことや、失敗したことを、ベッドの中で思い出していませんか? 寝る前に限って、やり忘れた仕事を思い出すことも。ひとり反省会は、今すぐやめましょう。疲れた脳はあなたをネガティブにさせます。イヤなことは思い出したらすぐ深呼吸して、考えるのをストップ!

 この他にも、本書には眠れるコツが満載です。友野なおさんは自分の経験から、多くの眠れない人を救いたいと勉強と検証を重ね、睡眠ファースト生活の実践方法を考えました。難しいことは何もありません。

 もっと詳しく知りたい人は、『眠れないあなたを救う 睡眠ファースト』をお読みください。ぱっと目に入る大きな見出しでメソッドがわかりやすく、別府麻衣さんの素敵なイラストで心癒されます。読めば、今夜からあなたを安眠へといざなってくれそうです。

この記事で紹介した書籍ほか