ユニクロ・GUなどの「白T」「黒カシミアニット」をおしゃれに着回し! 街のおしゃれな人に教わるコーデのコツ

暮らし

更新日:2021/2/15

『ありきたりの服を着てるのに どうして私はおしゃれなんでしょうか?』(のどか/日経BP)
『ありきたりの服を着てるのに どうして私はおしゃれなんでしょうか?』(のどか/日経BP)

 同じような白TシャツやボーダーTシャツなのに、あの人が着るとおしゃれで自分が着るとなんだか冴えない気がするのはなぜ? その謎を解き明かすべく、街のおしゃれな人120人にインタビューし、直接着こなしのコツを聞いた猫の“みにゃこさん”。アメブロでイラストを交えたプチプラコーディネートを投稿し、読者3万8千人を抱える人気ブロガー・のどかさんの新刊『ありきたりの服を着てるのに どうして私はおしゃれなんでしょうか?』(日経BP)は、ゆる~い猫のキャラクターと素敵なコーディネートのイラストに癒されながら、実践的なおしゃれを学べる1冊です。

advertisement

「なぜそのコーディネートがかわいいのか」を本人が教えてくれるから実践的

 例えば、ボーダーTシャツのコーディネート。部屋で鏡を見たときはいい感じだと思ったのに、街のショーウィンドウに映る姿を見たら野暮ったく見えて、つい「今日はその辺の服を着てきたから…」と誰に向けているのかよくわからない言い訳をしていること、ありませんか? それは猫のみにゃこさんも、同じようです。

どうして私はおしゃれなんでしょうか?

「今日はその辺の服着ちゃったにゃん。失敗したにゃん」

 そこで街を行くボーダーTシャツをおしゃれに着ている人に「どうしてあなたはおしゃれなの?」と聞いてみたら、こんな回答が返ってきます。

どうして私はおしゃれなんでしょうか?

ボーダーをおしゃれに着るルールは簡単で「辛口の服と合わせる」こと。私が今、最強におしゃれだと思うのが、この「ノンウォッシュ」のデニムに合わせること。(中略)ほかにも、ライダースジャケットや、革や先のとがった靴やベルト、四角いアクセサリーとかも辛口アイテム。(中略)あと、「ヒモ」っぽいものを合わせるとおしゃれになるって知ってた? その意味で、ヒモを思わせるサスペンダーって動きがあって、ほかにはない魅力があるから、やってみるとおしゃれの引き出しが広がるよ。ポイントはふたつあって、ひとつは、ボトムスと同じ色にすること。ふたつめは細いものを選ぶこと。

 おしゃれな人は、自分の魅せ方や着こなし方を客観的に分析できているということなのでしょうか。なぜボーダーTシャツにそのボトムスや小物を合わせたのか…おしゃれな人に漠然と感じていたセンスや雰囲気づくりのテクニックがきちんと言語化されていて、自分の手持ちのアイテムですぐに再現してみたくなります! 全120コーデの中でも、「手持ちのユニクロでもできる!」と感動したのは冬の白Tシャツの使い方。

どうして私はおしゃれなんでしょうか?

冬、ニットやスウェットの首元から白Tシャツがチラっと見えるとすごくおしゃれなの。特に冬は濃い色や厚手の素材が増えるじゃない。そのときに首元から白Tが見えると、明るく、スポーティな雰囲気もあるしで、重い雰囲気がなくなるの。冬の白って貴重なのよ!

 本書では、ボーダーTシャツ、白Tシャツ、デニム、黒のカシミアニットを着こなすコツを、それぞれ30人ずつインタビューしているので、読むだけでさまざまなおしゃれのコツがインプットでき、1冊で定番アイテムのおしゃれマスターになれること間違いなしです!

文=箕浦 梢

あわせて読みたい

この記事で紹介した書籍ほか

どうして私はおしゃれなんでしょうか?

著:
出版社:
日経BP
発売日:
ISBN:
9784822288914