「子どもの喧嘩に口出したりするから…」自分の娘のことなのに、どこか他人事のように語る夫/娘がいじめをしていました

マンガ

公開日:2023/5/17

 自分の子供がいじめの当事者とわかったらあなたはどうしますか?

 学生時代にいじめられた経験を持つ主婦・赤木加奈子。ある日、小学5年生の娘・愛が同級生の小春をいじめていることを知り、同級生のお宅に謝罪に行く。謝罪はその場では受け入れてもらえたものの、小春はその後、不登校になってしまう。小春の母・千春は苦しむ娘を見て知り合いに相談するが、SNS上での匿名の告発をきっかけに、思いもよらない事態へと発展する──。

 我が子への不信感、夫との意見の相違、SNSで巻き起こる炎上…様々な問題に翻弄される家族。自分の子どもがいじめの当事者と知ったとき、保護者や学校の「正しい対応」とは? 何が正しい対応なのか考えさせられる作品。

 娘の不登校に悩む母に対して、「子どもを甘やかしすぎ」と責める夫。娘のことを全て押し付けて、まるで他人事のような態度で…。

※本記事は『娘がいじめをしていました』(しろやぎ秋吾/KADOKAWA)から一部抜粋・編集しました

※この記事はセンシティブな内容を含みます。ご了承の上、お読みください。

【30日間無料】Amazonの読み放題をチェック >


人ごと

娘がいじめをしていました

本作品をAmazon(電子)で読む >

本作品をRenta!で読む >

あわせて読みたい