最強の可愛さ! 男性保育士てぃ先生による実話エピソード「ママ・パパ大好き!」/『きょう、ほいくえんでね…!!』③

出産・子育て

2019/9/6

関東の保育園に勤める男性保育士・てぃ先生。笑えて可愛い子どもたちの日常をつぶやいたTwitterのフォロワー数は、2019年9月現在で49万人! 保育園で実際に起こった、子どもたちとのキュンキュンが満載のハートフルエピソード集です。

『保育士てぃ先生のつぶやき日誌 きょう、ほいくえんでね…!!』(てぃ先生/マガジンハウス)

【scene25】リスペクト

ちょっと小走りでママと登園してきた そうたくん(5歳)―

そうた 「でんしゃ こんでた!」
先生 「大変だったね!」
そうた 「たいへん だけど、また でんしゃ こんで ほしい」
先生 「どうして?」
そうた「ママが ギュッって まもってくれるから…」

うれしかったんだろうなぁ。先生までうれしい!

 満員電車で登園してきたそうたくんの「ママがギュッって守ってくれるから……」といううれしそうな一言で、朝からほっこりした気分になりました。やっぱり子どもって、ママが大好きですね。

そうたくんの場合は、「ママが好き!」を通り越して、ママを“リスペクト”しています。「ママはすごい!」が口ぐせです。ママが作ってくれる料理も「こんなのも作れるし、あんなのも作れるんだよ」「洗濯物もきれいにたためるんだ」というように、どれだけママがすごいのか教えてくれるんです。ママのことをよく見て、どれだけすごいのか考えているということ。やってもらうだけではなく、そこに感謝と敬意があるのが素敵です。

ぽいんと

満員電車と言えば、しばしばグズる子どもが問題になりますが、仕方がないことですよね。だって子どもは泣くものですから。電車に何十分も乗っていたら、グズって当然です。(賛否ありますが)僕はスマホを活用するのもいいと思います。

絵本も読めるし、動画も見れる、お絵描きもできてすごく便利。かばんにアレコレ入っていたおもちゃがスマホ1台で済むと思えば気が楽ですよね。